Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.10.29号(10/23発売)

特集:躍進のラグビー

2019年10月29日号(10/23発売)

Cover Story

日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

W杯 ラグビーの歴史的大転換
日本 ニッポン躍進の陰の立役者
フォトエッセー 黒衣軍団の変わらぬ誇り
視点 ラグビー場に旭日旗はいらない

文在寅の「逆襲のシナリオ」

韓国政治 曺国法相辞任の巻き返しを狙う文の反撃策の現実味
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 白馬にまたがる独裁者の次の一手
TURKEY 米トルコ「停戦」はトランプのマッチポンプ
CHINA 中国がデジタル人民元を発行する日
SPAIN 見せしめ判決でカタルーニャの怒り再燃
HUNGARY 同性愛支持の広告がハンガリーで論争に
RUSSIA ソ連流緩衝地帯をロシアが欧州に?
Asia
CHINA 腐敗と効率が同居する中国政治の混沌
News Gallery
JAPAN 世界が注目した台風19号に沈む街並み
PAKISTAN ダイアナ妃の再来? パキスタンが熱烈歓迎
Business
実証的手法で貧困と戦う経済学者たちの栄誉
【FEATURES & ANALYSIS】
米大統領選 ウォーレンの危険な焦土作戦
中東 イラン現政権転覆を狙う反体制派の闇
米社会 大麻よりやさしいいCBDという熱狂
BY THE NUMBERS  こんなに割高なアメリカの処方薬
【LIFE/STYLE】
Books じっくり本を楽しむ秋がやって来た
Health 赤肉好きが歓喜した健康情報は本当か
Movies 老若ウィル・スミス対決は空回り
Movies アルモドバル70歳の珠玉の物語
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire NBAを罵倒する中国人の本心(唐辛子)
Letters
People

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!