Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2019.11. 5号(10/29発売)

特集:山本太郎現象

2019年11月 5日号(10/29発売)

Cover Story

日本政界を席巻する異端児・山本とれいわ新選組は、ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か

日本政治 ニッポンを揺さぶる山本太郎とは何者か
インタビュー 「仁義なき戦いを仕掛ける」
視点 山本太郎=ポピュリスト?
お知らせ
今週号から誌面をリニューアルしました。①活字がひと回り大きくなります。②石戸諭(ノンフィクションライター)、大江千里(ジャズピアニスト)、加谷珪一(経済評論家)、久保田智子(ジャーナリスト)、早坂隆(ノンフィクション作家・ジョーク収集家)の各氏による新コラムがスタート。外国人リレーコラム『Tokyo Eye』も復活します。③世界情勢の解説コラムを拡充。中東、欧州、中国の各専門家に加え、世界的に著名な識者による分析・解説も。時事英語を学ぶコーナーも新設します。今後ともニューズウィーク日本版をよろしくお願いします。──編集長・長岡義博
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

Commentary 新連載

本格化する「終身雇用」の終焉 加谷珪一(経済評論家)
人生相談からアメリカが見える 「僕の考えた遊びに誰も乗ってくれない」
彼の「リーダー論」は口先だけ? 石戸 諭(ノンフィクションライター)
【PERISCOPE】
CHILE チリ暴動が照らすこの不安な世界
CANADA トゥルドー再選で「ウェグジット」?
HONG KONG 香港長官更迭でデモは止まるのか
GO FIGURE 「トランプに勝てる」バイデンが再びリード
【Commentary】
米大統領選 トランプの立候補取りやめはあるか
情報戦 中国があざ笑うスパイ天国ニッポン
アジア スリランカを襲う民主主義の危機
Superpower Satire  大統領弾劾の賛否が大逆転!
【World Affairs】
共産党 超監視国家・中国の真実
トルコ 思慮も展望もないエルドアンの戦争
戦略 脱・新幹線で勝ちに行け日本
【Features】
アフリカ 絶望の縮図の中に希望を探し求めて
【Life/Style】
Drinks 世界の個性豊かなクラフトビールを飲みに行こう
Movies 狂乱『CLIMAX』97分をどこまで耐えるべき?
Movies インドとハリウッドつなぐボリウッド女優の挑戦
Books 若者の危険行動は生存本能なのか
Books 米出版界を震撼させる楳図かずおの傑作ホラー
Music アメリカの素晴らしき多様性を称えて
【DEPARTMENTS】
Perspectives
In Focus
Picture Power
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye──石野シャハラン 日本人よ、自信を持って有休を取ろう!
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中