Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.11. 5号(10/29発売)

特集:山本太郎現象

2019年11月 5日号(10/29発売)

Cover Story

日本政界を席巻する異端児・山本とれいわ新選組は、ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か

日本政治 ニッポンを揺さぶる山本太郎とは何者か
インタビュー 「仁義なき戦いを仕掛ける」
視点 山本太郎=ポピュリスト?
お知らせ
今週号から誌面をリニューアルしました。①活字がひと回り大きくなります。②石戸諭(ノンフィクションライター)、大江千里(ジャズピアニスト)、加谷珪一(経済評論家)、久保田智子(ジャーナリスト)、早坂隆(ノンフィクション作家・ジョーク収集家)の各氏による新コラムがスタート。外国人リレーコラム『Tokyo Eye』も復活します。③世界情勢の解説コラムを拡充。中東、欧州、中国の各専門家に加え、世界的に著名な識者による分析・解説も。時事英語を学ぶコーナーも新設します。今後ともニューズウィーク日本版をよろしくお願いします。──編集長・長岡義博

Commentary 新連載

本格化する「終身雇用」の終焉 加谷珪一(経済評論家)
人生相談からアメリカが見える 「僕の考えた遊びに誰も乗ってくれない」
彼の「リーダー論」は口先だけ? 石戸 諭(ノンフィクションライター)
【PERISCOPE】
CHILE チリ暴動が照らすこの不安な世界
CANADA トゥルドー再選で「ウェグジット」?
HONG KONG 香港長官更迭でデモは止まるのか
GO FIGURE 「トランプに勝てる」バイデンが再びリード
【Commentary】
米大統領選 トランプの立候補取りやめはあるか
情報戦 中国があざ笑うスパイ天国ニッポン
アジア スリランカを襲う民主主義の危機
Superpower Satire  大統領弾劾の賛否が大逆転!
【World Affairs】
共産党 超監視国家・中国の真実
トルコ 思慮も展望もないエルドアンの戦争
戦略 脱・新幹線で勝ちに行け日本
【Features】
アフリカ 絶望の縮図の中に希望を探し求めて
【Life/Style】
Drinks 世界の個性豊かなクラフトビールを飲みに行こう
Movies 狂乱『CLIMAX』97分をどこまで耐えるべき?
Movies インドとハリウッドつなぐボリウッド女優の挑戦
Books 若者の危険行動は生存本能なのか
Books 米出版界を震撼させる楳図かずおの傑作ホラー
Music アメリカの素晴らしき多様性を称えて
【DEPARTMENTS】
Perspectives
In Focus
Picture Power
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye──石野シャハラン 日本人よ、自信を持って有休を取ろう!

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中