Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.12. 4号(11/27発売)

特集:インターネットを超えるブロックチェーン

2018年12月 4日号(11/27発売)

Cover Story

企業や政府が競って採用を始めたブロックチェーン── 世界を変える新技術の「これまで」と「これから」

テクノロジー ブロックチェーンが世界の常識を変え始めた
■安全性 自分の情報は自分で守る「対グーグル」防衛策
■実例 ブロックチェーンで経済活動をアップグレード
■インタビュー 個人情報で儲けるのは許されない

剛腕ゴーンが落ちたクーデターの闇

スキャンダル 「コンプライアンス造反」は日本企業に根付くのか
リーダー カリスマが見せていた危うい兆候
【PERISCOPE】
InternationaList
SAUDI ARABIA ムハンマド失脚論にトランプが「待った」
SOUTH KOREA 慰安婦合意を捨てた韓国の論理
CHINA 核融合を目指す中国「人工太陽」の実力
ITALY 移民救助船差し押さえの理由は不法投棄
SWITZERLAND スイス仮想通貨に初のハラール認証
CENTRAL ASIA 中央アジアはもう「旧ソ連圏」でない
CRYPTOCURRENCY ビットコイン急落、3つの理由
CHINA 偽物天国の中国に偽コンドームが登場
UNITED STATES 宇宙への夢を運ぶロケットの輝き
Asia
CHINA 中国「盗用」史の舞台裏
U.S. Affairs
「エタノール=クリーン燃料」に異議あり
米中間の火花に隠された大人の事情
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 イエメン泥沼化はオバマに責任あり
地政学 経済制裁に苦しむイランの東方戦略
中台関係 追い詰められる台湾映画界
国際会議 誕生から10年、G20の存在意義は
漁業 貴重なマグロを違法操業から守れ
エネルギー キノコと細菌が共生で電気を生む
【LIFE/STYLE】
Television 女性をとりこにする『アウトランダー』
Games 西部のギャングは大ヒット過去作にも挑む
Theater 「主演」キングコングに拍手喝采
Food 健康な食も人間関係も食料砂漠に届かない
Movies 『ファンタビ』最新作はハリポタ史上最悪
Music エルビス・コステロが帰ってきた!
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「巨大赤ちゃん病」の超大国(唐辛子)
Picture Power 非暴力LGBTが銃を握る理由

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!