Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.12. 4号(11/27発売)

特集:インターネットを超えるブロックチェーン

2018年12月 4日号(11/27発売)

Cover Story

企業や政府が競って採用を始めたブロックチェーン── 世界を変える新技術の「これまで」と「これから」

テクノロジー ブロックチェーンが世界の常識を変え始めた
■安全性 自分の情報は自分で守る「対グーグル」防衛策
■実例 ブロックチェーンで経済活動をアップグレード
■インタビュー 個人情報で儲けるのは許されない

剛腕ゴーンが落ちたクーデターの闇

スキャンダル 「コンプライアンス造反」は日本企業に根付くのか
リーダー カリスマが見せていた危うい兆候
【PERISCOPE】
InternationaList
SAUDI ARABIA ムハンマド失脚論にトランプが「待った」
SOUTH KOREA 慰安婦合意を捨てた韓国の論理
CHINA 核融合を目指す中国「人工太陽」の実力
ITALY 移民救助船差し押さえの理由は不法投棄
SWITZERLAND スイス仮想通貨に初のハラール認証
CENTRAL ASIA 中央アジアはもう「旧ソ連圏」でない
CRYPTOCURRENCY ビットコイン急落、3つの理由
CHINA 偽物天国の中国に偽コンドームが登場
UNITED STATES 宇宙への夢を運ぶロケットの輝き
Asia
CHINA 中国「盗用」史の舞台裏
U.S. Affairs
「エタノール=クリーン燃料」に異議あり
米中間の火花に隠された大人の事情
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 イエメン泥沼化はオバマに責任あり
地政学 経済制裁に苦しむイランの東方戦略
中台関係 追い詰められる台湾映画界
国際会議 誕生から10年、G20の存在意義は
漁業 貴重なマグロを違法操業から守れ
エネルギー キノコと細菌が共生で電気を生む
【LIFE/STYLE】
Television 女性をとりこにする『アウトランダー』
Games 西部のギャングは大ヒット過去作にも挑む
Theater 「主演」キングコングに拍手喝采
Food 健康な食も人間関係も食料砂漠に届かない
Movies 『ファンタビ』最新作はハリポタ史上最悪
Music エルビス・コステロが帰ってきた!
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「巨大赤ちゃん病」の超大国(唐辛子)
Picture Power 非暴力LGBTが銃を握る理由

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中