Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.12.11号(12/ 4発売)

特集:移民の歌

2018年12月11日号(12/ 4発売)

Cover Story

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

ルポ 日本に生きる「移民」のリアル
データ 数字で見るニッポンの外国人

中国ゲノム研究は暴走する

科学 世界の科学者が頭を抱えた「遺伝子編集ベビー」誕生の背景

UFOブームがアメリカに再来

トレンド 軍情報機関出身者の「参戦」で謎の研究が盛り上がっている
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 米ロ会談中止の本当の理由は?
SCIENCE 倫理委員会の改革で研究者の暴走を防げ
CHINA 「共産党員ジャック・マー」の衝撃と当然
JAPAN 空母の保有がニュースになる理由
INDIA 宿題禁止令で子供を重荷から解放
UKRAINE 突然の戒厳令にみるポロシェンコの苦境
JAPAN 北方領土は現状維持で決着する
FRANCE 火消し役の消防隊員がデモに火を付けた
Business
改革開放40年の中国を待つ4つの罠
【FEATURES & ANALYSIS】
外交 中国が仕掛ける台湾人「転向」作戦
ロシア 「帝国復活」プーチンの手腕
米軍事 アフガン介入17年、終わりなき泥沼
自動運転 AIが路上で選ぶ「救うべき命」
世論 アメリカでも6割は自動運転車に抵抗感
気候変動 「温暖化培養器」が氷河の下に潜む
【LIFE/STYLE】
Trends 「軟弱系」アイドル旋風に共産党は渋い顔?
Music 「女の子」卒業のインディーロック新世代
Heritage 最新技術で南北戦争の先祖を発見
Books 『トランスペアレント』の真実
Movies そして悪霊系ホラーは自滅した
Television インド系お笑い芸人のど根性成長記
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire トランプが墓地訪問をやめた理由(パックン)
Picture Power 野生のモンゴルに魅せられて

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!