Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.12.18号(12/11発売)

特集:間違いだらけのAI論

2018年12月18日号(12/11発売)

Cover Story

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

テクノロジー AI格差社会を生き残るために
技術革新 人工知能の進化が経済成長をもたらす日
IT企業 AIの裏側に人間がいる?

腸内細菌で高める免疫パワー最前線

サイエンス 腸内環境と免疫系のコラボが医学の常識を変える?
■解説 人の体を病気から守る驚異のシステムとは
新発見 隠れていた微小器官が予防医療を変える
研究 免疫系を活性化するウイルス発見?
■ポイント 抵抗力を弱くする5つの悪習慣
ヘルス 最新研究が明かす免疫の謎
【PERISCOPE】
InternationaList
GERMANY ミニ・メルケル党首で独与党は右旋回へ
CHINA ファーウェイCFO逮捕で一時休戦は崩壊?
LUXEMBOURG 金持ち小国が交通運賃を全て無料に
ITALY イタリアで非科学的な医療が進む?
BY THE NUMBERS 痛恨の法改正でロシアのDV急増
BRITAIN それでも根強いブレグジット撤回の現実味
ZIMBABWE 「土地改革」の無残な結末が南アを襲う
MEXICO アメリカ国境の町で交錯する嘆きと笑い
RUSSIA ロシアがインターポールを私物化する
Asia
CHINA 「赤い資本家」がIT企業に潜む
U.S. Affairs
誰かと比べると際立つ故ブッシュの偉大さ
【FEATURES & ANALYSIS】
貿易戦争 GMが証明する「米国第一」の誤算
フランス マクロン主義はそれでも生き残る
飛行機 新しい空の主役はイオン・ドライブ
【LIFE/STYLE】
Art 異形の者とのつながりが世界を喜びで満たす
Technology 自閉症児向けセラピーに人型ロボット
Science 「セックス依存症」はどこまで病気か
Animals 動物だって本当は飛行機がキライ!
Books トラウマに悩むヒーローの異色コミック
Music テイラー・スウィフト、労働者の守護神
Movies 『グリンチ』版カンバーバッチの演技力
Family 俳優ロブ・ロウが母の介護で学んだこと
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国人も怒る遺伝子編集ベビー(唐辛子)
Picture Power 赤外線が捉えた難民と苦境

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!