Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.11.27号(11/20発売)

特集:東京五輪を襲う中国ダークウェブ

2018年11月27日号(11/20発売)

Cover Story

無防備な日本と東京五輪を狙う中国ハッカーたち── ネットの奥深くで始まったサイバー作戦の狙いは?

日本 五輪を襲う中国サイバー攻撃
中国 「電子的民兵」が担う未来の人海戦術
ロシア サイバー犯罪は儲かるビジネス
北朝鮮 核よりも怖い? エリートハッカー

「2島返還」が動き始めた理由

北方領土 安倍とプーチンの決断の背景には東アジアの地政学的変化が
【PERISCOPE】
InternationaList
BRITAIN 動きだすブレグジットとメイ降ろし
NORTH KOREA 「超モダン」な新兵器の正体は?
SAUDI ARABIA カショギ事件を裁けないサウジ司法
EUROPEAN UNION マクロンの欧州軍構想に落とし穴
CANADA 「マリフアナ酔い」自動車事故は増えず
CHINA 防衛から先制攻撃へ、中国軍が戦略転換
SOUTH AFRICA 白人の農地を取り上げる土地改革
ISRAEL 緊張緩和でネタニヤフが窮地に
UNITED STATES 大衆迎合のアメリカとどう付き合うか
ISRAEL イスラエルの夜空に憎悪の火花が
Asia
TAIWAN 台湾地方選で蔡政権の地盤が危機に
U.S. Affairs
アメリカではしかが拡大中
トランプと対決のCNNに宿敵FOXまで加勢
Business
アマゾン第2本社が示すアメリカの分断
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 イラン核開発に衝撃の真実
EU離脱 イギリスが欧州の「孤島」になる日
アメリカ トランプを支えるトランプ印の女たち
テクノロジー 世界中のクジラを宇宙から追跡!
【LIFE/STYLE】
Music 4人の不協和音を白いジャケットに隠して
Health シャワーの内部は細菌まみれ?
Health マイクロプラスチック汚染は人体にも
Movies 『ア・ゴースト・ストーリー』の哲学的余韻
Travel EU入国審査に嘘発見器?
Television 『ハウス・オブ・カード』はドロドロ最終章
Television 人間の心を自在に操る異色マジシャン
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 独裁者っぽさを増すトランプ(パックン)
Picture Power 移民キャラバンのうねりが止まらない

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 7

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!