Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.11.20号(11/13発売)

特集:ここまで来たAI医療

2018年11月20日号(11/13発売)

Cover Story

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

テクノロジー AIが問題だらけの病院を劇的に変える
■診療 外来の診断では人間より高スコア
■応用 余命を予測して患者の「人生」を改善
■画像診断 早期発見は任せておけ!
■機器 家でも病院でもアレクサは健康管理の味方
心理 自殺者を追い詰める「心の因子」を洗い出す
データ管理 ブロックチェーン革命が来る?
■セキュリティー エストニアでは患者の情報を守る切り札に
リスク アルゴリズムの暴走を阻止せよ

強気なトランプの脆弱な足元

米中間選挙 州レベル選挙の民主党躍進が20年の再選に影を落とす
分析 出口調査で読む米中間選挙
捜査 米司法長官更迭でロシア疑惑はうやむや?
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 「民主党勝利」で遠のくトランプ弾劾?
CHINA 中国のスパイ技術はハイテクだけじゃない
SAUDI ARABIA サウジアラビアが核武装する日
UNITED STATES セッションズ辞任でマリフアナに商機
BY THE NUMBERS ベネズエラはインフレ率83万%
CHINA 若き天才たちをAI兵器開発に投入
IRAQ イラクにISISの大量虐殺墓地
SPAIN 「カタルーニャ独立派の2つの重大な嘘」
UNITED STATES 「どこでも投票」のアメリカが託す思い
Asia
PAKISTAN 中国に「借金漬け」パキスタンの悲劇
SOUTH KOREA 韓国テレビの「北」報道に変化が
Business
温暖化を食い止める道は技術革新だけ
【FEATURES & ANALYSIS】
ルポ ロヒンギャを弾圧する側の論理
中東 観光復興を目指すシリアの光と影
研究 クモの糸の謎がスーパー素材を生む
【LIFE/STYLE】
Music 没後2年のパープル・レイン再降臨
Movies シュワちゃんの名前がクモを絶滅から救う?
Movies 「作り物」のクイーン賛歌は本物にかなわない
Movies 伝説の「バスケ爺さん」が華麗に復活
Sports 英国のスタジアムがNFLの熱戦に沸く
Television SNL出身ビル・ヘイダーの新境地
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 出産旅行で実現する「美国夢」(唐辛子)
Picture Power 素顔のロシアに触れる鉄道旅

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!