Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.9.18号(9/11発売)

特集:温暖化を加速させるホットハウス現象

2018年9月18日号(9/11発売)

Cover Story

温室効果ガスを止めても止まらない自然界のドミノ現象が気候変動に拍車を掛け地球を居住不能な場所にする

※次号9/25号は9/19(水)発売です

地球 狂気の猛暑と加速する温暖化
環境 地球を襲うホットハウス現象
検証 連鎖し合う自然システムの現在地
大規模山火事の増加、その原因と対策は/アマゾンの森が消える日
アオコが生む毒で水道水が汚染される/フロリダのビーチを襲う赤潮の悪夢 29
熱波でサンゴ礁が30%消えた/グリーンランドの氷が初めて分解
対策 地球を救う州知事の挑戦
Picture Power インド農民を殺す気温上昇
【お詫びとお知らせ】 
北海道で発生した地震の影響によるお届けの遅延について

定期購読者の皆様へ

日頃より『ニューズウィーク日本版』をご購読いただきまして誠にありがとうございます。
北海道で発生した地震の影響により、北海道全域への『ニューズウィーク日本版』の お届けに遅れが生じる可能性がございます。
皆様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

CCCメディアハウス
読者サービスセンター
0120-467-489 平日9:30〜17:30
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
ENVIRONMENT 100年後の地球は気候変動で一変
BRITAIN 「サマータイム先進国」からの忠告
GERMANY 反移民派vs反移民排斥派が衝突
FRANCE 英仏ホタテ戦争はひとまず収束へ
CHINA 中国を襲ったアフリカ豚コレラって?
NORTH KOREA 交渉停滞中でもトランプと金は熱い仲
BRAZIL ブラジル博物館火災で考えるべきこと
BY THE NUMBERS ドイツ人の最大の脅威はトランプ
JAPAN 未明の地震が生んだ北海道の暗闇
Asia
JAPAN 『文明の衝突』の罠に陥る日本
MYANMAR 虐殺の黒幕にこそ法の裁きを
U.S. Affairs
9.11テロ被害者を男性乳癌がむしばむ
最高裁人事と「中絶権」の運命
【FEATURES & ANALYSIS】
米政治 「無能」トランプが解任されない理由
日本 地政学でオキナワを読み解く
中東外交 ご都合主義の盟友、米サウジに隙間風
アフリカ 中国マネーは本当に麻薬か
貿易協定 「カナダ外し」で屈辱のトゥルドー
サイエンス 腸内細菌パワーが血液型を変える
【LIFE/STYLE】
Television S・キングの恐怖の世界へようこそ
Books センダック没後6年で奇跡の「新作」が
Brain 先延ばし癖は脳の構造のせいかも
Movies 『スター・トレック』と自閉症女性の旅
Movies 群像劇で見せる韓国民主化の痛み
Movies 『ヘドウィグ』を生んだパンク魂は健在
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire あの人と対照的だった英雄マケイン(パックン)
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中