Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2017.10.10号(10/ 3発売)

特集:日本人が知らないマインドフルネス

2017年10月10日号(10/ 3発売)

Cover Story

世界の企業や医療現場で導入が進む「癒やしの瞑想」 マインドフルネスの知られざる効果とは

※次号10/17号は10/11(水)発売となります。

トレンド 沈黙に導かれたマインドフルネスの至福
企業 オフィスでも瞑想効果あり
性生活 女性たちの性の悩みを解決する切り札に?
食生活 我慢が苦手な子供の肥満防止にも効果
精神 心の健康維持に一役 鬱病再発を予防する
視点 マインドフルネスが気になる症候群
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

米軍は北朝鮮を攻撃できない

核危機 48年前の北朝鮮による米軍機撃墜事件が残した「教訓」
【PERISCOPE】
InternationaList
JAPAN 反安倍でしかない小池新党の限界
CUBA キューバ米大使館に音響攻撃?
RUSSIA 原子力砕氷船で北極圏に挑むロシア
CHINA 中国のハリケーン救援は大国の証しか
SAUDI ARABIA サウジ女性の自由を奪う12の掟
IRAQ クルド分離独立は天敵トルコ次第
UNITED NATIONS 「ロケットマン」演説の思わぬ効用
SWITZERLAND スイスになぜかアルパカの大群が
Asia
NORTH KOREA 北のミサイルが在日米軍基地を襲う日
U.S. Affairs
トランプ対NFLの裏に長い因縁の歴史あり
イバンカと中国の関係は情報非公開が進む
出でよ! 戦える第3政党
People
「プレイボーイ」ヘフナーは女性を解放したか
スウィフトも抜いたカーディ・Bって誰?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
ドイツ メルケルの苦い勝利はEUの敗北
分析 極右政党AfD躍進の3つの要因は
ミャンマー ロヒンギャが次のパレスチナ人になる日
旅行 世界を変えるアジア観光客
サイエンス 「速く+細かく+正しく」天気予報革命
考古学 人間の「共食い」は神聖な儀式だった?
【LIFE/STYLE】
Media ネットフリックスは『サイコ』を殺す
Movies 人類の終わりを告げる『猿の惑星』最終章
Food グルテンフリー食は緑のバナナで
Health ダイエットのコツは「2週間でストップ」
Health 刺青のインクがリンパ節まで染める
Music 伝説のロッカーが残した別れの歌
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire オバマケアで共和党は傷だらけ
Picture Power 故郷も希望も奪われたロヒンギャの惨状
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中