Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.17号(10/11発売)

特集:知られざる小池百合子

2017年10月17日号(10/11発売)

Cover Story

新党を率いて永田町に殴り込みをかけた「女刺客」小池百合子は日本政治を変えるのか?

日本政治 小池刺客劇場の危うい幕開け
■経歴 「勝負師」小池がたどった足跡
政党 小池新党と見果てぬ夢
■政党史 政権交代の夢と25年続く新党ブーム
中東 知られざる濃厚アラブ人脈
野党 わが民進党はなぜ失敗したのか?
政党交付金 民進党がため込んだ「カネ」の行方

カズオ・イシグロをさがして

文学 ノーベル賞を受賞した日系イギリス人作家の独特の感性とスタイル
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 人気のペンスが「次の座」を狙う?
NORTH KOREA アメリカの(意外な)対北朝鮮制裁力
SPAIN EUはカタルーニャ独立を支持しない
SYRIA ロシア兵捕虜を助ける? ISISハンターズ
BY THE NUMBERS 世界の国の半数が宗教を特別扱い
FRANCE フランス「対テロ新法」への不安
GERMANY ルールを愛するドイツで正しい朝食論争
CHINA 習近平「治国思想」の元ネタは暴力革命論
BRITAIN 難航必至のEU離脱交渉に救いの手は?
Asia
CHINA 習近平は永久政権を目指してはいない
U.S. Affairs
ラスベガス銃乱射事件の危険過ぎる二分論
People
ロックの神様にならなかった男、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
スペイン 混迷カタルーニャを読み解く
ドイツ 極右政党躍進の意外すぎる立役者
ビジネス シリコンバレー、栄華の終わりの始まり
ライフスタイル 「自分婚」に走る女たち
動物保護 絶滅寸前インコをハリケーンから救え
健康 脂肪をもって脂肪を制す新研究
【LIFE/STYLE】
Television 『スター・トレック』の新たなる宇宙へ
Art ベイエリアの「宝島」がアートに衣替え
Health 喫煙より有害? 立ち仕事のリスク
Health ブロッコリーの芽はこんなにスゴい
Health 母と娘の衝突はメンタルに大打撃
Movies 凝った構成が裏目に出た『婚約者の友人』
Movies トム・クルーズ挫折と復活の12年
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国人が北朝鮮の独裁者を崇める?
Picture Power 「獄中の夫の子供を」パレスチナ妻の妊娠作戦

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!