Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10. 3号(9/26発売)

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017年10月 3日号(9/26発売)

Cover Story

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

中朝関係 中国が北朝鮮を見限る日
外交 中朝「相互防衛」の誓いにもはや意味はない
核問題 ついに軍事介入に舵を切る?
地政学 習近平を悩ますロシアリスク
制裁 石油の輸出制限で体制は揺らぐか

ロヒンギャ弾圧に不感症な日本

人権 ミャンマーの民族浄化を日本政府が「看過」するのはなぜか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES トランプはパリ協定を脱退せず?
MYANMAR スーチー崇拝が鈍らせるロヒンギャ対応
SOCIAL MEDIA ツイッターとテロ組織のいたちごっこ
UKRAINE 国産の高額戦車に手が届かないウクライナ
EUROPEAN UNION 難民100万人以上が欧州で放置
CHINA 中国の文化的ジェノサイドとは
UNITED STATES ハリケーンでも予報機関トップ不在
MEXICO 32年目の同じ日にメキシコで大地震
U.S. Affairs
FB広告にもロシア疑惑の議会調査が
「新品」の犬を売ってはいけない
Business
ロンドンにウーバーは不要?
ラブドールのシェアは中国当局が許さず
People
エミー賞授賞式で前大統領報道官が自虐ネタ、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
内戦 シリアが直面する「アサド頼み」の現実
中東 アラブに「第2の春」の予感
米社会 白人至上主義団体は大学に目を付けた
スペイン 普通すぎる若者がテロに走った理由
インド 13億人を「監視」するカード
テクノロジー Siriを超える音声認識の世界
食品 アボカドの種を捨てないで!?
【LIFE/STYLE】
Travel トランプの生家で過ごした奇妙な一夜
Movies NASAを支えた黒人女性の勇気の物語
Health 愛犬と一緒に寝ると睡眠の質が下がる?
Health 虫歯は遺伝のせいじゃない
Music 伝説のコメディアンは進化中
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 暴露富豪の「反腐敗キャンペーン」
Picture Power 新たな悩みをもたらした二人っ子政策

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!