コラム

彼女は誰よりも私に密着した 映画『選挙に出たい』に映らなかった場面

2018年11月30日(金)18時00分

「あんたも中国人か?」にひるむことはなかった

一番印象に残っているのは、私の後援会の集会での場面だ。ある政治家があいさつしていた時、彼女を「いつまで撮影しているんだ!」と怒鳴りつけた。政治家は時に記録に残ると困る微妙な表現で選挙の戦い方を説くことがあるからだ。この時もケイヒ監督は決して泣くことなどなく、その後も私の取材を続けた。映画にも出てくるが、私をののしった日本人有権者に「あんたも中国人か?」と詰め寄られても、決してひるむことはなかった。

メディア人として本当に潔癖な人でもあった。私は元・中国人らしく他人にごちそうするのが大好きなのだが(選挙期間中はもちろんやりません!)、彼女は取材中、一度も私から飲み物や食事をおごられることがなかった。コーヒー代はもちろん、私の食事に同行することも多かったのだが、一度も私に支払いをさせなかった。

私がいないところで私の取材もたくさんしていた。詳しくは映画をご覧いただきたいが、私をあからさまに批判する日本人の言葉を取材しても、彼女はそれを私に伝えなかった。あの強烈な罵詈雑言を選挙期間中に聞いていたら、きっと私は落ち込んでいた。

彼女だけが撮れたスクープ映像

彼女の観察力を物語るエピソードもある。選挙カーを使わずずっと自転車に乗っていた私はある時、ズボンのお尻の部分が破れているのに気が付いた。立って演説している間、ずっと微妙な感じでお尻を押さえている私に気付いたのはケイヒ監督だけ。女性ならではの細やかさゆえだと思うが、おかげで彼女だけが「スクープ映像」を手に入れることができた。

選挙が終わり、そこから編集作業に入ったが、完成するまでに1年半もかかった。中国では広州、寧夏回族自治区、北京の各映画祭に出品。台湾、マカオの映画祭でも作品は上映され、台湾では惜しくも有名な金馬奨で入選一歩手前まで行った。昨年秋の山形国際ドキュメンタリー映画祭で立ち見が出る人気になり、ようやく日本で公開されることになった。

選挙戦で行き詰まると、よく彼女と中国語で会話した。日本での生活は私の方が長いが、日本の大学で学び、日本のドキュメンタリー制作会社で働いた彼女に見えるものもある。ケイヒ監督は私が泣いた場面を3つも撮影したが、歌舞伎町案内人の涙をこれほど見た人物はほかにいない。妻たちの前でもこんなに泣いたことはないのだから。

ご覧の通り、ケイヒ監督は美人女性監督だ。ややぽっちゃり型で私のタイプでもある(笑)。しかし私はいま、そういった関係を超えて1人の人間として彼女を尊敬している。彼女の忍耐力が、この「選挙に出たい」を完成させたのは間違いない。

忍耐力のあるケイヒ監督が「選挙に出たい2」を撮影したいかどうかは分からないが(笑)。

『選挙に出たい』
東中野ポレポレにて12月1日よりロードショー
監督・撮影・編集:邢菲(ケイヒ)
配給:きろくびと
2016年/中国・日本/78分

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

JAL、国内線769便を追加減便 緊急事態宣言でさ

ワールド

中国外貨準備、17カ月ぶり低水準 市場混乱で保有資

ビジネス

英住宅価格、3月は前月比横ばい 上昇途絶える

ワールド

インドネシア政府、首都のコロナ制限措置拡大要請を承

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!