コラム

ウィキリークス創設者アサンジは「真実の追求者」か「目立ちたがり屋」か

2019年04月15日(月)15時00分

4月11日、アサンジの釈放を求めて記者会見を行ったウィキリークス幹部 Hannah McKay-REUTERS

<先週、在英エクアドル大使館で逮捕されたとき、アサンジに対する扱いは、2012年8月にエクアドルが彼を「英雄」として受け入れたときとは比べ物にならないほど悪化していた。メディアの世界でも、アサンジに対する評価は急降下中だ>

4月11日、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者で、在英エクアドル大使館に7年間籠城してきたジュリアン・アサンジ容疑者(47歳)が大使館内で逮捕された。

アサンジは、2010年、米軍のアフガニスタンやイラク駐留中の大量の機密文書をウィキリークスを通じて公表し、「報道の自由の戦士」として称賛された。その「メガリーク」を大手メディアが大々的に報道し、アサンジは「メディアの寵児」となった。しかし、今や、トレードマークだった白髪のショートカットは姿を消した。長髪を後ろで一つにまとめてひげを生やしたアサンジは、エクアドル大使館から数人の警察関係者らに引きずり出されるようにして外に出され、護送用車両に運び込まれた。

籠城中の数年間で、彼を英雄視する風潮は大きく減退したように思える。BBCニュースは逮捕記事の1つに「活動家か、目立ちたがり屋か?」と見出しを付けた。「真実を追求する活動家」なのか、機密書類を公開することで人の命を危険にさらすこともいとわない「目立ちたがり屋」なのか、という問いである。

kobayashiphoto1.jpg
「アサンジ、アメリカに行けば最高5年の刑」 4月12日付け英ガーディアン紙 (筆者撮影)

これまでにも、ウィキリークスやアサンジに対する評価は賛同者と批判者との間で真っ二つに分かれてきたが、今では、賛同者の方に属していた大手メディアの中にも懐疑心が持ち上がっている。いったい、何が起きたのか。

ウィキリークスを称賛していたが

先に「賛同者と批判者」がいると書いたが、筆者自身が前者に入る。『日本人が知らないウィキリークス』(共著、洋泉社、2011年)ではウィキリークスのジャーナリズムを分析し、「情報がさまざまな発信者によって外に出され、編集、分析、論評が行われると同時に、一次情報や編集過程が可視化されて提供されるという新たなジャーナリズム空間は、私たちにとって、より多彩で、かつ知的な刺激に満ちた場所であろう」と締めくくっている。

2010年の夏から秋にかけて、ウィキリークスと大手メディアの共同作業によって駐留米軍のアフガニスタン紛争関連資料約7万7000件、イラク戦争関連資料約40万件、さらに米外交公電約25万件が公開されると、その規模の大きさ、世界最強の国アメリカに泡を吹かせたことへの小気味よさ、「真実」に一歩近づいたことに興奮を感じた人は少なくないだろう。

政府は国民のために存在しており、政府の公的書類を国民に戻すのは、あってしかるべき行為という主張にも、一定の説得力があった。

しかし、ウィキリークスを主導するアサンジの行動が、リーク記事を報道してきた大手メディア側や筆者自身にも若干の不安の種を巻いてゆく。

プロフィール

小林恭子

在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

高級ブランドのリシュモン、4─6月売上高が予想下回

ビジネス

日経平均は小幅反発、大幅安の反動で 「トランプ・ト

ビジネス

午後3時のドルは円後半へ反発、押し目買いで 介入警

ビジネス

アングル:エヌビディア株のジレンマ、投資集中でリス
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然大きく揺れる機体を立て直す操縦士の映像が話題
  • 4
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    検事長の定年延長問題に見る、日本の民主主義が「カ…
  • 10
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story