コラム

「野党共闘」の射程を戦略的パートナーシップ論から読み解く

2021年10月21日(木)06時00分

中国の「国共合作」と比較するが......

この共産党による「限定された閣外からの協力」方針に対して、自民党は激しく反発している。自民党広報本部は「立民・共産の閣外協力は、共産党との連合政権への第一歩」と題する文書を配布し、その中で「かつて中国では、国民党と共産党の「国共合作」の後に国民党を排除し、共産党政権を樹立しています」と言及。甘利幹事長も「日本に初めて『(自公の)自由民主主義政権』か『共産主義(が参加する)政権』かの選択選挙になります」とツイートし、「共産主義政権」樹立の可能性を示唆することで、有権者の危機感あるいは忌避感を喚起する広報戦術がとられている。

連合の芳野友子会長が「不快感」を表明したことに象徴されるように、労組を中心とする立民支持層には共産党との連携を「禁じ手」とみなす支持者もいるため、「立共連合」批判は立民支持層に少なからぬ動揺を与える効果があると考える向きもあるだろう。これに対して、米ソ旧冷戦時代ならいざ知らず、米中対立の下で「民主主義」対「専制主義」の構図が焦点となっている現代で「共産主義」に対するイデオロギー的忌避感を煽ることはいささか時代錯誤感が否めないと見る向きもあろう。

その評価は人によって様々であろうが、少なくとも今回の「立共連合」を戦略的パートナーシップ論の観点から見た場合、野党共闘の「野合性」を批判してもそれほど有効な批判にならないことにまずは留意が必要だ。戦略的パートナーシップとは、現在ドイツで行われている社会民主党(SPD)、緑の党、自由民主党による連立政権樹立の調整などでも見られるように、様々な利害関係がある中で中長期的な重要性を持つ利益実現のために「小異を捨てて大同につく」提携関係を構築することだ。したがって一定程度の「野合性」は織り込み済みの話となり、特に今回の野党共闘のように「部分的な政策合意」を交わす提携関係に対する実効的な批判としては弱い(ちなみに有効な批判としては、20個の政策合意事項を各論的に批判することに加えて、包括的に左派ポピュリズムの隘路を突くことが考えられる)。

プロフィール

北島 純

社会構想⼤学院⼤学教授
東京⼤学法学部卒業、九州大学大学院法務学府修了。国会議員政策秘書、駐日デンマーク大使館上席戦略担当官を経て、現在東洋学園大学大学院現代経営研究科非常勤講師を兼務。専門は戦略的パートナーシップ、情報戦略、コンプライアンス(腐敗防止)。著作に『解説 外国公務員贈賄罪』(中央経済社)、論文に「グローバル広報とポリティカル・コンプライアンス」(「社会情報研究」第2巻1号)などがある。
Twitter: @kitajimajun

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:崩れる米中パワーバランス、日本の防衛費増額に

ワールド

スリランカ、国内債とソブリン債の再編検討=大統領

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、米雇用統計受け金融引き締

ワールド

ロシア、「非友好国」投資家の株売却を年内禁止 サハ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 5

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 6

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 7

    【映像】ライブ中のアイドルの頭上に、大型スクリー…

  • 8

    【動画】MIRRORメンバーの頭上に大型スクリーンが落…

  • 9

    中国はかつて世界最高の「先進国」だった自国が、な…

  • 10

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 7

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 8

    【映像】テレビを壊してしまった犬、何事もなかった…

  • 9

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 10

    エリザベス女王が、群がる無作法なカメラマンたちを…

  • 1

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】ブラを替えさせられたウィンブルドン選手の…

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中