コラム

大阪・関西万博に、巨大な「怪物」が上陸予定? 英国で大人気「シー・モンスター」とは

2022年10月29日(土)12時53分

221029kmr_esm06.jpg

シー・モンスターを見学に訪れたオリビア・ジューレイクさん(右から2人目、筆者撮影)

シー・モンスターを見て「史上最悪のガラクタ」と感じる人もいるだろうし、人類の近未来に想像を巡らす人もいるかもしれない。感じ方は人によっていろいろあっていい。しかし、産業革命以来、経済の成長を支えてきた石炭や石油など化石燃料はその役目を終えつつある。

オマホニー氏は「私たちには伝えたい3つの大きなストーリーがあった。一つは産業構造物を単に取り壊すのではなく、再生可能エネルギーについて再構築し、再利用できるような構造を探すということ。ここでは風力発電の始まりも見ることができる。次にアートやデザインが加わった時に再生可能エネルギーの未来はどうなるかということだ」と語る。

221029kmr_esm07.jpg

プロジェクトを手掛けたクリエイター、パトリック・オマホニー氏(筆者撮影)

「3つ目は英国の天候についてだ。英国人はいつも天気の話をしている。文化的アイデンティティーの一部だ」(オホマニー氏)。英国の天気は猫の目のように目まぐるしく変わる。突然、雨が降り出すことが多いため、1日はその日の天気予報を確認することから始まる。そして雨上がりの日、公園の芝生は輝くような緑の息吹を感じさせてくれる。

25年間、北海油田で使用されたリグはオランダで解体、洗浄され、海を輸送されてきた。7月中旬、ウェストン=スーパー=メアに到着、砂浜に板を敷き移動させた。木々を植えたワイルド・ガーデンや人口滝、太陽光の発電装置がインストールされ、9月下旬から公開され、連日4000~8000人の家族連れでにぎわっている。最大2時間待ちという人気だ。

海上輸送や組み立てのプロセス一つひとつが人類の歩みを思い起こさせてくれる。

スナク新英首相は予算準備に忙しく、COP27を欠席

国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)は11月6~18日、エジプトのシャルム・エル・シェイクで開催される。昨年、英北部グラスゴーで開かれたCOP26でリシ・スナク新首相は財務相として「ネットゼロ(温室効果ガス排出量を実質ゼロにすること)」に向け、公的資金の拡大、民間資金の動員、世界の金融システムの再構築を提案した。

英国の金融機関や上場企業に対し、2050年ネットゼロを実現するため、どのように脱炭素化していくのかを詳細に説明した移行計画を公表するよう求めた。国際金融都市ロンドンを史上初の「ネットゼロ金融センター」にするとも宣言した。欧州連合(EU)からの離脱で地盤沈下したロンドンを脱炭素化で再浮上させる意気込みを見せた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要

ビジネス

午前の日経平均は反落、一時700円超安 前日の上げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story