コラム

「また会いましょう」の言葉で人々を勇気づけたエリザベス女王との別れの涙

2022年09月20日(火)17時58分
エリザベス女王葬列

沿道でエリザベス女王の葬送行進を見送る市民(9月19日、ザ・マルで筆者撮影)

<英国民2000万人と会い、2万回以上の公務をこなし、地球を40周した偉大過ぎる女王の足跡。それだけに王室の未来には暗い影が差す>

[ロンドン発]在位70年、96歳で9月8日亡くなられたエリザベス英女王の国葬が19日午前11時(日本時間同日午後7時)からロンドンのウェストミンスター寺院で行われ、天皇皇后両陛下、ジョー・バイデン米大統領をはじめ国内外の要人、王族ら約2000人が参列した。沿道には200万人以上の市民が詰めかけ、世界の41億人が国葬を視聴した(推定)。

220920kmr_elf02.JPG

大英帝国王冠、宝玉と勺杖が載せられた女王の棺(木村史子撮影)

賛美歌と国歌、軍葬ラッパ、時代絵巻のように延々と続く葬送行進。エリザベス女王の葬送は想像していた以上に桁外れだった。女王の棺はロンドン郊外の居城ウィンザー城まで運ばれ、聖ジョージ礼拝堂に長年連れ添った夫フリップ殿下、先の国王だった父ジョージ6世、母エリザベス王太后、妹マーガレット王女とともに安置された。

筆者は、スコットランドのバルモラル城からバッキンガム宮殿に戻られたチャールズ国王とカミラ王妃(9日)、バッキンガム宮殿からウェストミンスター・ホールまでの葬送行進と弔問(14日)、チャールズ国王とウィリアム皇太子のロンドン・ランベス警察署訪問(17日)を間近で取材した。

妻の史子は18日午前3時から12時間半(最長24時間待ち)並んで一般弔問した。夜のロンドンは最低で摂氏8度まで冷え込む。日本円にして2800円程度の毛布が無償で支給された。19日の国葬当日は午前3時半すぎにバッキンガム宮殿につながる大通り、ザ・マルに到着したが、すでに4重、5重の人並みができ、最前列の人は毛布にくるまりゴロ寝していた。

220920kmr_elf03.JPG

ザ・マルの沿道で場所取りをする市民(筆者撮影)

「現代英国の礎」を失った不安

女王の棺を覆う「ロイヤル・スタンダード(紋章旗)」、その上に置かれた2868個のダイヤモンドを散りばめた大英帝国王冠、宝玉と勺杖(しゃくじょう)。英王室の「三種の神器」だ。ウェストミンスター・ホールからウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿へと、棺を乗せた砲車が英海軍の水兵98人に曳かれる光景は壮観でもあり、物悲しくもあった。

220920kmr_elf04.JPG

棺の後に続くチャールズ国王とウィリアム皇太子、ヘンリー公爵(木村史子撮影)

筆者はウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃、ヘンリー公爵とメーガン夫人の結婚、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の誕生を取材したが、それとは比較できない人出だった。在位70年で2万1000回の公務をこなし、英国民の10人に3人、2000万人超が女王に直接会ったか見た(世論調査会社ユーガブ)というだけに、悲しみも深く、大きかった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story