コラム

「また会いましょう」の言葉で人々を勇気づけたエリザベス女王との別れの涙

2022年09月20日(火)17時58分
エリザベス女王葬列

沿道でエリザベス女王の葬送行進を見送る市民(9月19日、ザ・マルで筆者撮影)

<英国民2000万人と会い、2万回以上の公務をこなし、地球を40周した偉大過ぎる女王の足跡。それだけに王室の未来には暗い影が差す>

[ロンドン発]在位70年、96歳で9月8日亡くなられたエリザベス英女王の国葬が19日午前11時(日本時間同日午後7時)からロンドンのウェストミンスター寺院で行われ、天皇皇后両陛下、ジョー・バイデン米大統領をはじめ国内外の要人、王族ら約2000人が参列した。沿道には200万人以上の市民が詰めかけ、世界の41億人が国葬を視聴した(推定)。

220920kmr_elf02.JPG

大英帝国王冠、宝玉と勺杖が載せられた女王の棺(木村史子撮影)

賛美歌と国歌、軍葬ラッパ、時代絵巻のように延々と続く葬送行進。エリザベス女王の葬送は想像していた以上に桁外れだった。女王の棺はロンドン郊外の居城ウィンザー城まで運ばれ、聖ジョージ礼拝堂に長年連れ添った夫フリップ殿下、先の国王だった父ジョージ6世、母エリザベス王太后、妹マーガレット王女とともに安置された。

筆者は、スコットランドのバルモラル城からバッキンガム宮殿に戻られたチャールズ国王とカミラ王妃(9日)、バッキンガム宮殿からウェストミンスター・ホールまでの葬送行進と弔問(14日)、チャールズ国王とウィリアム皇太子のロンドン・ランベス警察署訪問(17日)を間近で取材した。

妻の史子は18日午前3時から12時間半(最長24時間待ち)並んで一般弔問した。夜のロンドンは最低で摂氏8度まで冷え込む。日本円にして2800円程度の毛布が無償で支給された。19日の国葬当日は午前3時半すぎにバッキンガム宮殿につながる大通り、ザ・マルに到着したが、すでに4重、5重の人並みができ、最前列の人は毛布にくるまりゴロ寝していた。

220920kmr_elf03.JPG

ザ・マルの沿道で場所取りをする市民(筆者撮影)

「現代英国の礎」を失った不安

女王の棺を覆う「ロイヤル・スタンダード(紋章旗)」、その上に置かれた2868個のダイヤモンドを散りばめた大英帝国王冠、宝玉と勺杖(しゃくじょう)。英王室の「三種の神器」だ。ウェストミンスター・ホールからウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿へと、棺を乗せた砲車が英海軍の水兵98人に曳かれる光景は壮観でもあり、物悲しくもあった。

220920kmr_elf04.JPG

棺の後に続くチャールズ国王とウィリアム皇太子、ヘンリー公爵(木村史子撮影)

筆者はウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃、ヘンリー公爵とメーガン夫人の結婚、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の誕生を取材したが、それとは比較できない人出だった。在位70年で2万1000回の公務をこなし、英国民の10人に3人、2000万人超が女王に直接会ったか見た(世論調査会社ユーガブ)というだけに、悲しみも深く、大きかった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

安倍氏の一般献花始まる、午後に国葬 首相は弔問外交

ワールド

トラック運転手、米に入国時のワクチン証明義務解除を

ビジネス

原油先物はしっかり、イラク石油相発言で需給均衡観測

ワールド

ファイザー、FDAにオミクロン用ワクチンの5‐11

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中