注目のキーワード

コラム

日本に逃れたウクライナ人の声 「PCR検査は自己負担」「日本円がなければどうなったか」

2022年03月29日(火)20時00分
日本でのウクライナ支援デモ

ロシアのウクライナ侵攻を非難するデモ(東京、3月5日) Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<ロシアのウクライナ侵攻後、日本に避難した人は200人を超えるが、国際社会の一員として日本政府は彼らが求めていることに耳を傾けるべきだ>

[ロンドン発]キエフ在住の年金生活者ウォロディミル・コーバルさん(64)とロシア出身の妻オルハさん(59)は日本で暮らす娘のオレナさん(40)を頼りに戦火のウクライナを逃れて日本にやって来た。2人は3月8日にキエフから列車に飛び乗った。

「私たちの席は一つしかなく、ポーランドまで計24時間交代して座りました。混み合う車内ではどこからどこへ向かうかを尋ね合う程度でみな言葉少なでした。戦火が迫り、やむなく祖国を後にせざるを得ない事情は聞かなくても分かったからです」

220329kmr_urj02.jpg

ZOOMで筆者のインタビューに応じるウォロディミルさん(左)とオルハさん(筆者がスクリーンショット)

2月24日午前4時ごろ、ウォロディミルさんの自宅からも爆撃音が2回立て続けに聞こえた。しかし本当にロシア軍が攻めて来るとは信じられなかった。キエフ北西のホストメリには空港があるためロシア軍の空輸拠点に選ばれ、集中攻撃が行われた。

ホストメリで暮らす親戚宅では砲撃や爆撃の音が絶えず、完全に破壊された。親戚家族は3週間にわたってロシア軍に拘束されたあと、ベラルーシで解放され、ポーランド経由でエストニアに逃れた。しかし今は、連絡は途絶えている。

すべての橋は破壊された

キエフはウクライナ軍や領土防衛隊によってがっちり守られている。ロシア軍の侵攻を防ぐため、すべての橋はウクライナ軍によって破壊された。

2人がキエフを脱出する当日まで電気や水道は使用でき、近所の食料品店も営業していた。銀行のキャッシュカードやクレジットも使えた。ボランティアがいろいろ助けてくれた。

「でもキエフに近いホストメリやイルピンが陥落し、危険が迫ってきました。逃げ出せるうちに出発しようと3月7日に脱出を決めました」と2人は振り返る。

「昨年からロシア軍がウクライナ国境に展開しているというニュースは知っていました。しかしウラジーミル・プーチン露大統領は演習だと言い続けていました。これはウクライナへの脅しであり、私たちや欧州の人々を思い通りに操ろうとしていると思いました」

「私たちはプーチン氏が本当に軍事侵攻に踏み切るとは思ってもいませんでした。他にも解決策を見つける道はいくつもあるのに、最後の最後の瞬間までプーチン氏がここまで狂っているとは考えもしませんでした」と2人は呆れたように語る。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで深刻化する「生理の貧困」、学校諦め

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中