コラム

南ア変異株「オミクロン」欧州でも続々発見 「2回接種でも感染か」と英首相

2021年11月28日(日)13時32分

ドイツのバイエルン州保健省はオミクロン株の感染例2人を確認。2人は24日にミュンヘン空港から入国した。イタリア国立衛生研究所はミラノで、モザンビークからの渡航者からオミクロン株を検出したと発表した。チェコ保健当局も、ナミビアに滞在していた人の中に感染の疑いがある人がいるため調査を行っている。

オランダ保健当局は、26日に南アフリカのヨハネスブルグとケープタウンからの2つの便でアムステルダムのスキポール空港に到着した乗客約600人のうち61人から陽性反応が出て、オミクロン株の感染者が含まれている可能性があるという。このほか、すでにボツワナ、ベルギー、香港でも感染例が確認されている。

「私たちの家はデルタ株ですでに燃えている」

英インペリアル・カレッジ・ロンドンのピーター・オープンショー教授(実験医学)は「情報が非常に速いのは驚異的だ。渡航制限は感染速度を遅らせ、重症化や免疫回避、治療、予防に関する重要な事実を確立するため時間を稼げる。南アでは感染者数が3日で3倍の2828人になった。感染率がデルタ株の2倍ということも考えられる」と解説する。

「スキポール空港に600人が到着し、そのうち60人に陽性反応が出たという報告は注目に値する。感染率が10%であることを示唆している。入院患者がいないという報道もあり、確認されれば非常に心強い。オミクロン株の出現がなくても、デルタ株で欧州の多くの地域は危機的な状況にあり、私たちはすでに燃えている家にいることを忘れるべきではない」

オープンショー教授が指摘するように、イギリスでは1日当たりの新規感染者数は4万人近く、新規入院患者は768人、死者も131人にのぼっている。欧州連合(EU)にアイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタインを加えた欧州経済領域(EEA)30カ国の1日当たりの新規感染者数は約24万6千人、死者は1637人を数えている。

英ウォーリック大学医学部のローレンス・ヤング教授(ウイルス学、分子腫瘍学)は「南アへの渡航に関連した2件の感染例がイギリスで確認されたことは検査・追跡システムが機能していることを示している。現在、デルタ株の感染者は毎日非常に多く、南アフリカでのオミクロン株の感染者数よりはるかに多い」と語る。

「既存のワクチンがオミクロン株感染による重症化を防ぐ可能性は、これまでに確認された変異株と同様、高いと思われる。ブースターを含むワクチンの接種率を上げる、マスク着用をより広く奨励する、風通しの悪い場所での大規模な集まりを制限することは医療に負担をかけずに国民を守り、昨年より楽しいクリスマスを迎えるための重要なアプローチだ」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏PPI、10月は20年5月以来の前月比低下

ワールド

11月の世界食料価格、8カ月連続低下=国連機関

ワールド

クレディ・スイス、コスト削減を加速 収益見通し悪化

ビジネス

中国、パンダ債発行促進へ規制改正 金融市場開放の一

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 8

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 9

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 10

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中