コラム

「夫の死を無駄にしないで」ワクチン接種後、自己免疫疾患で急死した産科医の妻の訴え【コロナ緊急連載】

2021年01月14日(木)15時50分

ハイディさんは同紙に「夫には何の健康上の問題も基礎疾患もありませんでした。タバコも飲まず、薬も服用していなかった。過去に薬やワクチンに対して反応を起こしたことはありません」と語った。

ITPは自己免疫疾患の一つで、自分の体の免疫システムが血小板を破壊する。血液中の白血球と脾臓は感染症と戦うのを助ける抗体を産出するが、免疫系が過剰に働くと、白血球が本来攻撃してはならない自分の血小板などを破壊し始める。ITPは男性より女性によくみられるという。

ワクチンを大量接種するとこうした自己免疫疾患が起こる可能性を否定できないため、一部の免疫学者はワクチンに対してより慎重な立場を取るようになる。

これまでの研究によると、新三種混合(MMR)ワクチンは接種後6週間以内にITPを発症するリスクが増加する。 ワクチン接種を受けた子供2万5千人に1人が発症するリスクがあるが、大半は自然に治る。

これに対してITPを発症した大人の9割は急性型から慢性型に移行する。

イスラエルの72歳女性は「ベル麻痺」

イスラエルでは72歳の女性がワクチン接種後、顔の筋肉がコントロールできなくなる「ベル麻痺(急性顔面神経麻痺の一種)」を起こした。ファイザーワクチンの臨床試験でもボランティア4人がベル麻痺を発症している。

米食品医薬品局(FDA)は「臨床試験のワクチン接種組で報告されたベル麻痺の頻度は一般集団で予想される発症率と一致しており、因果関係を結論付ける明確な根拠はない」として症例の監視を続けることを勧告している。

マイケルさんの死についてファイザーは関係を否定しているものの、ワクチン接種が免疫系を刺激して自己免疫疾患を引き起こした可能性が強いとみる医療関係者は少なくない。ハイディさんの証言を聞くと他に原因を見出すのが難しいからだ。

ハイディさんには慰めの言葉も見つからないが、私たちは「2946万分の1」の確率とどう向き合えば良いのか。

感染力が最大70%も強い変異株が猛威をふるうイギリスでは、2月中旬までに介護施設の入所者、職員、最前線の医療従事者、70歳以上、ハイリスクの基礎疾患者計1500万人に1回目の接種を終える方針だ。

英政府は変異種の猛威に恐れをなし、本来は3週間置いて2回接種する必要があるファイザーワクチンのプロトコルを変更し、1回目をより多くの人に先行接種するため12週間置いて2回打つ方針に急きょ切り替えた。3週間2回打ちでより高い有効性を達成するより、とにかく死者を抑える必要に迫られたからだ。

しかし英オックスフォード大学のジョン・ベル欽定教授(免疫学)は英紙タイムズにいらだちを打ち明けている。

「理論上、わが国の国民医療サービス(NHS)には5日間ですべての人に免疫を与える能力があるのに、お役所仕事がそれを阻んでいる。世界最速で接種が進むイスラエルのように新型コロナウイルスとの戦いを戦争とみなす必要がある」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

中国当局、銀行に融資圧縮を指示 投資過熱抑制が狙い

ワールド

台湾独立に向けた動きを阻止、平和的関係目指す=中国

ビジネス

米モデルナ製ワクチン、武田薬が日本での製造販売承認

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 採決は週末に

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!