コラム

英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

2020年01月11日(土)14時09分
英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

息子のアーチーちゃんと3人のライフスタイルブランドで大儲け?(2018年10月、オーストラリア訪問時のヘンリー王子とメーガン妃) Phil Noble-REUTERS

[ロンドン発]英王室のヘンリー王子(35)と妻の元米女優メーガン妃(38)が突然、インスタグラムで「王室のシニアメンバーとして退き、財政的に独立する」と宣言し、「サセックスロイヤル」のブランドを自分たちの思うように使いたいと言い出した。

メーガン妃とヘンリー王子は「イギリスと北米でバランスを取りながら過ごす計画だ」という。

バッキンガム宮殿は即座に「ヘンリー王子とメーガン妃との話し合いは初期段階。問題は複雑で解決するのに時間がかかる」と表明した。エリザベス女王やチャールズ皇太子が善後策に頭を痛める中、メーガン妃は、アーチーちゃんを残してきたカナダに舞い戻った。

昨年4月、ヘンリー王子とメーガン妃はアーチーちゃん出産のためと言ってウィリアム王子、キャサリン妃と暮らしていたケンジントン宮殿からロンドン郊外ウィンザーのフロッグモア・コテージに引っ越した。改装費は300万ポンド(約4億2900万円)もかかった。

サセックス公爵とサセックス公爵夫人の爵位を持つ2人は同時にインスタグラムに「サセックスロイヤル」という公式アカウントを開設。ウィリアム王子とキャサリン妃の慈善団体「ロイヤルファンデーション」とも袂を分かち、「サセックスロイヤル」という団体を立ち上げた。

ハリウッド流持ち込む

「ロイヤルファンデーション」は仲の良かったウィリアム王子とキャサリン妃、ヘンリー王子の3人で盛り上げてきた。「サセックスロイヤル」の立ち上げは、生き馬の目を抜くハリウッドの荒波にもまれてきたメーガン妃がヘンリー王子を完全に取り込んだ大きな転換点になった。

メーガン妃は昨年10月の民放ITVドキュメンタリー番組で「感情を表に出さないイギリス流の繊細さに真剣に馴染もうとしたが、逆に私の内面を傷つけた」と訴えたが、メーガン妃が自分を押し殺してまで英王室のプロトコルに従ってきたとは誰も思わないだろう。

結婚式からアーチーちゃん出産、観客席の一角を占拠したウィンブルドン観戦に至るまで自分流を貫き、「タブロイド」と呼ばれる英大衆紙の集中砲火を浴びた。そして今回、優良メディアを自分たちで選別すると一方的に通告し、英ジャーナリスト全国組合から批判された。

ヘンリー王子とメーガン妃の公費の5%はソブリングラント(王室の活動費)で賄われている。英大衆紙デーリー・メールによると、推定200万ポンド(約2億8600万円)。これを返上する代わりに現在は禁じられている資金調達を自分たちで行おうというのだ。

<参考記事>英ハリー王子夫妻は、どうやって王室から「財政的に独立」するのか?
<参考記事>ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

中国政府、大都市の当局に不動産市場の投機抑制を指示

ビジネス

中国アント、生体認証技術の米アイベリファイ売却を計

ビジネス

LGディスプレー、第4四半期は利益が3年ぶり高水準

ワールド

定額給付金の予定ない、最終的には生活保護ある=菅首

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!