コラム

「メーガン妃、第二子は米国で出産か」報道まで飛び出した英王室のお家事情

2019年11月26日(火)18時10分
「メーガン妃、第二子は米国で出産か」報道まで飛び出した英王室のお家事情

英王室の慣習に馴染めないメーガン妃(写真は11月7日、ウェストミンスター寺院にて) Hannah McKay-REUTERS

[ロンドン発]アンドルー王子の未成年者買春疑惑で激震が走る英王室にもう一波乱ありそうな雲行きになってきた。

「メーガン妃はキャサリン妃がいずれ王妃になることに十分気付いている。でも互いに衝突してしまう」。こんな見出しが米娯楽誌ピープルを飾ったのはアンドルー王子が公務を解かれた翌日の21日。

情報源は1人の関係者としか明かされていない。その関係者によると、高齢のエリザベス英女王からチャールズ皇太子への王位継承が迫るにつれ、キャサリン妃とメーガン妃の溝が広がっているという。

「いずれ王妃になるキャサリン妃と、メーガン妃、それぞれの役割は明白だ。メーガン妃はカビ臭さ(古臭い伝統)にフィットしないが、キャサリン妃は手懐(てなず)けられている」

「メーガン妃にはメーガン妃の、キャサリン妃にはキャサリン妃の生き方がある。2人がぶつかり合う時、状況は難しくなる」。この話が本当ならメーガン妃が米メディアにリークしたとしか思えない。

生き馬の目を抜くハリウッドの競争を生き抜いた元米人気女優メーガン妃と、ほとんど社会人経験をせずに王室に嫁いだキャサリン妃の人生観、社会観は異なって当たり前だ。

欧州連合(EU)からの離脱で岐路に立つ英国だが、英王室にとっても今年は、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の別居、長女アン王女の離婚、次男アンドルー王子の別居、ウィンザー城の火災が続いた1992年に匹敵する「ひどい年(アナス・ホリビリス)」になりそうだ。

世論調査会社ユーガブと英大衆日曜紙サン・オン・サンデーのアンケートでは王室の存続を求める声は70%。2015年の前回調査より1ポイント減。チャールズ皇太子への王位継承を望む声は36%で、ウィリアム王子への蛙飛び継承を求める声の41%を下回った。

王族の支持率は次の通り。()内は王室助成金を与えても良いという回答の割合だ。

エリザベス女王 80%(71%)
フィリップ殿下 65%
チャールズ皇太子 47%(夫妻で51%)
カミラ夫人 33%
ウィリアム王子 81%(夫妻で60%)
キャサリン妃 77%
ヘンリー王子 81%(夫妻で38%)
メーガン妃 49%
アン王女 59%(31%)
アンドルー王子 22%(13%)
エドワード王子 35%(16%)

格差が広がるこのご時勢、英社会は王室の存続は望んでも王室助成金の対象となる王族をできるだけ絞ることを求めている。王室を前代未聞の不祥事に巻き込んだアンドルー王子はすぐにでも廃位すべきなのだ。

メーガン妃とヘンリー王子の結婚は英王室にプラスという声は44%。一方、キャサリン妃とウィリアム王子のそれは75%。英国の世論は英王室のプロトコル(伝統や慣習)に合わないメーガン妃に気付いている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!