コラム

ロシアのプーチン大統領再選と元二重スパイ暗殺未遂の相関関係を読み解く

2018年03月20日(火)18時18分
ロシアのプーチン大統領再選と元二重スパイ暗殺未遂の相関関係を読み解く

ソールズベリーの墓地で除染作業に当たる係官(筆者撮影)

[ロンドン発]英南西部ソールズベリーで元ロシア二重スパイのセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)が兵器級の神経剤ノビチョクで意識不明の重体になり、ロシアの大統領選ではウラジーミル・プーチン大統領(65)が得票率77%という圧倒的な強さを見せて再選を果たした。

2000年の初当選から通算4期、首相時代を含めると24年に及ぶ超長期政権となる。憲法改正で大統領任期は6年に延長されたが、連続2期と制限されたため、次の6年でプーチン大統領の時代は幕を閉じるはずだ。当選が決まった後、プーチン大統領は「数えて見給え。100歳になるまで私が大統領のイスに座っているとでも思うのか」と報道陣の質問に答えた。

kimura180320-2.jpg
事件前のセルゲイ・スクリパリ氏。ノビチョクによる攻撃で意識不明の重体になっている(自宅近くの食料品店提供)

ノビチョクによる暗殺未遂事件で、テリーザ・メイ英首相は「ロシア政府が事件に直接関与したか、それとも国家施設から流出したノビチョクが使われたかのいずれかしか考えられない」と即座に駐英露外交官23人を国外追放した。英米仏独首脳も共同声明で「欧州で神経剤が攻撃に使われたのは第二次大戦後初めて」とプーチン大統領を非難した。

化学兵器の開発・生産・貯蔵・使用は化学兵器禁止条約で禁じられており、ロシアも批准している。それにしても、どうして大統領選の2週間前という微妙なタイミングで元二重スパイ暗殺未遂が起きたのか。

ロシアにとってイギリスは怖くない

元ロシア連邦保安庁(FSB)幹部アレクサンダー・リトビネンコ氏(当時44歳)が06年11月、放射性物質ポロニウム210で毒殺された事件では容疑者2人が特定され、プーチン大統領が指示した可能性まで指摘された。今回はノビチョクがどのような形でイギリスに持ち込まれ、使われたのかもはっきりしない。リトビネンコ事件を年表の中で振り返ってみよう。

kimura180320-4.jpg
病院で治療を受けるリトビネンコ氏(公聴会の資料より)

04年3月 プーチン大統領が再選
06年11月 リトビネンコ事件
07年2月 プーチン大統領がミュンヘン安全保障会議で「アメリカが世界の安定を損なっている」と批判
08年3月 ドミートリー・メドベージェフ大統領誕生。プーチンは首相に
08年8月 南オセチア紛争勃発
12年3月 プーチン大統領が返り咲き(通算3期目)
14年2月 クリミア危機勃発
15年9月 ロシアがシリア空爆
18年3月 スクリパリ事件、プーチン大統領が再選(通算4期目)

06年のリトビネンコ事件と今回の事件で共通するのは「ポスト・プーチン」が取りざたされるようになると、イギリスで元ロシアスパイの暗殺・暗殺未遂事件が起きるということだ。

プーチン大統領にとってイギリスは怖くない「ソフトターゲット」。オリガルヒ(新興財閥)ら巨額のロシアマネーが国際金融都市ロンドンに流れ込み、高級住宅街の不動産を買い漁っている。ロシアマネーが引き揚げて困るのはプーチン大統領ではなく、イギリスだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

EU、5G供給業者の厳格な選定で合意 ファーウェイ

ワールド

トランプ氏、香港法案巡り明言せず 武力弾圧阻止は「

ビジネス

米国株109ドル高、米中協議巡る発言好感 テスラさ

ビジネス

ドル上昇、好調な米経済指標受け=NY市場

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    南洋の小国ツバル、中国に反旗 中華企業の人工島建設を拒絶、親台湾姿勢を堅持

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    韓国の「リトル東京」から日本人が消える?

  • 4

    息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の…

  • 5

    香港高裁と北京政府が激突

  • 6

    「韓国に致命的な結果もたらす」文在寅を腰砕けにし…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    「韓国は日本の従属物にさせられる」北朝鮮も民族の…

  • 9

    半分切除された脳は、結合を強めて失った機能を補う

  • 10

    中国はやはり香港人を拘束し拷問するのか──英領事館…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    南洋の小国ツバル、中国に反旗 中華企業の人工島建設…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!