コラム

アメリカの世紀は終わった「強いフランス、強い欧州」目指すマクロン仏大統領の中国詣で 人権は後回し

2018年01月10日(水)16時21分
アメリカの世紀は終わった「強いフランス、強い欧州」目指すマクロン仏大統領の中国詣で 人権は後回し

訪中したフランスのマクロン大統領と中国の習近平国家主席 Ludovic Marin-REUTERS

[ロンドン発]フランスのエマニュエル・マクロン大統領は1月8~10日の日程で、就任後初めて国賓として中国を訪問した。マクロンは北京で習近平国家主席と会談、300億ユーロに達したフランスの対中貿易赤字を解消するため中国側の市場開放を迫るとともに、北朝鮮の核・ミサイル問題、地球温暖化、アフリカでのテロ対策について協議した。

中国機関紙の環球時報や新華社通信の国際版によると、8日の会見で習近平が「毛沢東主席とシャルル・ド・ゴール仏大統領は1964年に中仏両国の外交関係を強化するため歴史的な決断を行った」と述べると、マクロンはアジアと欧州を結ぶ習近平のインフラ経済圏構想「一帯一路」について「積極的な役割を果たしたい」と応じた。

9日の会談では、習近平は「中仏両国はそれぞれの核心的利益に耳を傾け、2国間の絆を強めるため違いに適切に対処すべきだ」と釘を刺した。欧州で唯一、アメリカが主導する南シナ海での「航行の自由」作戦に参加するフランスに対して、中国の核心的利益である南シナ海や東シナ海には口出しするなと言ったに等しい。

親衛隊の馬を習にプレゼント

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチはノーベル平和賞受賞者、故・劉暁波氏の妻、劉霞さん(軟禁中)の即時解放を中国側に促すようマクロンに求めたが、マクロンがどこまで踏み込んだのかは分からない。金融危機、債務危機で「金欠」になった欧州は中国の巨大マネーを必要としている。失業率が10%前後で高止まりしたままのフランス経済を立て直すためにはなおさらだ。

マクロンは親衛隊の馬1頭を習近平にプレゼントした。ブリジット夫人が中国から借り受けているパンダの赤ちゃんの名付け親になったことに対する返礼とは言え、「朝貢外交」と揶揄(やゆ)されても仕方あるまい。フランスを睥睨(へいげい)する中国は仮にマクロンが人権について説教しても耳を貸さないだろう。

欧州連合(EU)から離脱するイギリスのテリーザ・メイ首相は対中関係を強化するため訪中を希望している。当初、昨年秋に予定されていたが、今月末に先延ばしされたと報じられた。マクロンが新年のトップバッターとして先に訪中を果たした。待たされ続けるダウニング街10番地(英首相官邸)は気が気でないだろう。

中国は欧州のカウンターパートとして「経済」はドイツ、「外交・安保」はフランスを選んだからだ。中国マネーを国際金融都市ロンドンに呼び込みたいイギリスも中国詣でに躍起となっている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 3

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 4

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 5

    金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 9

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 7

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!