コラム

「パラダイス文書」「パナマ文書」に見た記者魂 南ドイツ新聞がスクープを世界の仲間と共有した理由とは

2017年11月15日(水)16時44分
「パラダイス文書」「パナマ文書」に見た記者魂 南ドイツ新聞がスクープを世界の仲間と共有した理由とは

「パナマ文書」の流出元となったパナマの法律事務所モサック・フォンセカが入ったビル(2016年4月5日) Carlos Jasso-REUTERS

[ロンドン発]昨年の「パナマ文書」に続いて今年も「パラダイス文書」が世界中の調査報道ジャーナリストたちによって暴かれた。ターゲットはタックスヘイブン(租税回避地)だ。データを入手したのはいずれもドイツ・ミュンヘンに本社を置く南ドイツ新聞。米ワシントンのNPO(非営利団体)、国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ)の仲介でグローバルな協力体制を構築したことが連続スクープにつながった。

格差をあぶりだしたパラダイス文書

「パラダイス文書」はエリザベス英女王の資産管理団体やアップル、ナイキの名前が出てくることからも分かるように「パナマ文書」ほど、あくどくない。犯罪でも違法でもない、タックスヘイブンを利用した合法的な節税があぶり出された。貧困層には一生、縁がないタックスヘイブンを使って権力者やグローバル企業が巧みに節税している不公平さを厳しく問うている。

これに対し「パナマ文書」ではベネズエラの記者が解雇され、ロシアの記者が一時、身の危険を感じて国外に避難した。今年10月には、マルタの政治腐敗を追及した女性ジャーナリストが自動車ごと爆殺された。ペーパー会社や、真の所有者が誰か分からない無記名株、名義上の受益権所有者を使ってパナマの法律事務所モサック・フォンセカは国家元首や独裁者の腐敗、武器・麻薬取引、巨万の富を「秘密」のネットワークで覆い隠していた。

kimurachart171115.png
パナマ文書とパラダイス文書の比較  筆者作成

スクープとはライバル社を出し抜いて、誰も知らない事実を1社だけでいち早く報道することだ。しかし南ドイツ新聞の調査報道班バスティアン・オーバーマイヤーとフレデリック・オーバーマイヤーは「独占」ではなく、世界中の仲間たちと「協力」する道を選んだ。2人は同じ姓だが、兄弟でも親戚でもない。社内では「オーバーマイヤー・ブラザーズ」と呼ばれている。

南ドイツ新聞だけの「特ダネ」にすることを捨てた理由はいくつかある。入手したデータ量が膨大で、とても1社ではさばき切れない。情報が世界中にまたがり、言葉、それぞれの国の政治状況や闇社会といった厚い壁を南ドイツ新聞だけで打ち破るのは不可能だ。データ処理の専門知識や機材もない。インターネットに有料読者を奪われ、台所事情が苦しい新聞社の海外出張費は限られている。

紙面でドイツや欧州各国の政治スキャンダルや不正を大きく取り上げることはできても、中東、アフリカ、中南米のニュースにはそれほどスペースを割けない。しかし当事国では政権を揺るがすような事実がデータの中に埋もれている可能性が大なのだ。取材や報道の過程で独裁者や犯罪組織に命を狙われる恐れもある。協力すればデータばかりか命を奪われても他の仲間がプロジェクトを引き継いでくれる。

「オーバーマイヤー・ブラザーズ」はそう考えた。分散・自律・協調はインターネットの特性でもある。それにしても、どうして世紀のスクープ「パナマ文書」の情報提供者ジョン・ドゥ(匿名の人物という意味)は英語メディアではなく、マイナーなドイツ語メディアの南ドイツ新聞を選んだのか。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!