コラム

歴代大統領の不正と異なる「朴槿恵逮捕」の意味

2017年04月03日(月)14時00分

News1 via REUTERS

<朴槿恵(パク・クネ)前大統領が収賄容疑などで検察に逮捕され、セウォル号が引き上げられた3月31日は、韓国社会にとって象徴的な大きな意味を持つものになるだろう>

韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領が3月31日未明、収賄容疑などで検察に逮捕された。韓国の歴代大統領の中で逮捕されたのはこれで3人目。韓国では政権末期になると、本人や身内の不正問題が浮上するのが常で、今回の件も日本では「またか」といった反応が少なくない。

しかし、朴槿恵の逮捕はこれまでの大統領の不正問題とは違った意味合いを持っているように思える。

朴槿恵とその父親である朴正煕(パク・チョンヒ)は、韓国の高齢者層にとって「捨てられないお守り」のようなものだからだ。

朴槿恵を支持する人々は主に保守層、そして高齢者たちだ。反対デモを起こすような過激な人々ばかりではない。朴槿恵が大統領に当選するまでには、もちろんごく平凡な人々の支持が存在した。

「若くして両親を失ったのに......」

韓国の保守の思想は、一言で反共産主義・反北朝鮮というマインドだと言えよう。朴槿恵やそれを支持する人々にこうした心象があるのは確かだ。が、しかしそれだけが彼女への訴求力だったとは思えない。

私と同世代の知人の中で保守政党を支持してはいても、朴槿恵という政治家を強く推す人は見たことがない。実際、2012年の大統領選で20~40代の得票率は対抗馬の文在寅のほうが高かった。

一方で「親が朴槿恵に投票した」という話はよく聞く。

朴槿恵の地元である慶尚北道・大邱出身で放送局記者をしている知人の父親は、朴槿恵が初めて議員選挙に出たときから、彼女に一票投じ続けてきた。
そして彼女を支持してきた理由について、こう話しているという。

「遊説の場で握手したらとても手が暖かくてね。20代で両親を暗殺されたのに、国のために立ち上がって......、女性が一人でとてもけなげに見えたよ」

別の週刊誌記者をしている知人によると、彼の母親は朴槿恵の政策が批判的に報じられる度に「気の毒だ」「かわいそうだ」と言いながら、やはり「若くして両親を失ったのに......」と話すという。

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はコラムニスト、翻訳家として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:最高値更新の米株、割安な伝統セクターに投

ワールド

米、ガザに人道支援物資を初投下 57万人以上が飢餓

ワールド

トランプ氏、ミシガン・ミズーリ・アイダホで勝利 共

ワールド

WTO会議、改革合意できないまま閉幕 デジタル関税
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、「小澤先生が教えてくれたこと」

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 6

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 9

    GDP世界第4位転落を招いた一因としての格差構造──上…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 8

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story