注目のキーワード

コラム

イギリスを襲った悪夢の「郵便局スキャンダル」

2022年02月24日(木)19時05分
裁判で無罪が証明されて喜ぶ人々

イギリス中で多くの郵便局長が横領の罪を着せられてから20年。裁判では無罪が証明されつつあるが Sky News-YouTube

<イギリスの地味で真面目な郵便局長たち700人以上が、ソフトウェアのバグのせいで横領の罪を着せられていた──20年たっても解明されず、知れば知るほど不快な史上最悪の冤罪事件の公聴会がイギリスで始まった>

ほとんどいつも僕は──心のほんの片隅で、ではあるが──「自由社会」に暮らしていることをありがたく思っている。選挙権を行使でき、法の支配があり、自分たちの人生については概して自分に決定権がある社会だ。

だが時折、その前提に不快な衝撃がもたらされる。自分で自分をだましているように感じられ、巨大な力に牙をむかれ、どうあがこうと太刀打ちできない「カフカ的」悪夢にいつ落ちてもおかしくないと思わずにはいられないような出来事だ。

「ウインドラッシュ・スキャンダル」は、そんなゾッとする出来事の一例だ。イギリスの市民(特に1948~1973年に労働力確保のためイギリス政府の招きで合法的に入国したはずのカリブ海諸国の旧大英帝国植民地や英連邦からの移民第一世代)が、2010年になって英政府から突然、滞在資格や就労資格を「証明せよ」と言われて不法移民扱いされるようになり、証拠を示せなければ不利益を受けたり場合によっては国外追放されたりした。

そしてもう1つの例が、問題が始まってから20年たった今になって公聴会が行われている出来事。いわゆる「郵便局スキャンダル」だ。たぶん、この名称は好奇心をそそられたり意味不明に思えたりするだろう(いったい何をしたら郵便局がスキャンダルになるわけ?)。その詳細を見てみると、ばかげているうえに不快な事件であることが分かる。

2000~2014年に、700人以上の郵便局長たちが、郵便局からカネを横領し、不正経理でその痕跡を消したとする「犯罪」で訴えられた。ところが実際は、新規導入のソフトウェアのバグで窓口の現金とシステム上の記録額に不整合が発生していたのだ。なお悪いことに、このソフトウェアを構築した富士通は、問題を把握していたように見える。システムの問題点は、当初から郵便局長たちが指摘していた。

にもかかわらず、何百件もの郵便局長に対する起訴で、システム上の記録は重要証拠に挙げられたものの、単純に考えたって当然提示されるだろうと思うような裏付け証拠は出てこなかった。たとえば被告の郵便局長が突然、高級スポーツカーを購入していたとか、若い愛人に豪華なプレゼントを贈っていたとか、おいしい儲け話の「計画」を吹聴していたとか、個人パソコンで帳簿のごまかし方について何度も検索した形跡があったとか。

罪を晴らせぬまま死亡した人も

この事件は世間の常識とも食い違っている。イギリス人に郵便局長ってどんなタイプ?と聞けば、とことん地味で真面目で誠実な人々だという答えが返ってくるだろう。名の知れた組織で上司を務めるために、そして必要不可欠なサービスを提供するために、パッとしない仕事を一生懸命こなす人々、という認識だ。

そうした職業の人々から悪人が現れる可能性だってなきにしもあらずだが、「コミュニティーの支え手」と思われている人々が、駐車違反すら犯したことのない人々が、突然イギリス中で何百人もずる賢い横領犯に変わってしまうなんて、どう考えてもあり得なそうに思える。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

ビジネス

米国株式市場=下落、米債利回り上昇で大型株に売り

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中