コラム

イギリス分断を際立たせるコロナ第2波、当初の結束はどこへ?

2020年10月23日(金)17時30分

以前から、イングランド北部は南部に比べて貧しかった。僕の生きてきた時代においても、たとえばリバプールやマンチェスター、シェフィールドのような北部の街は、重工業の衰退やサッチャー政権の経済政策などによって、非常に高い失業率と貧困を経験してきた。北部の人々は概して、ロンドンの政府は彼らを無視しており、南部の人々は自分たちの暮らし向きがいいから彼らのことなど気にかけていないと感じている。

マンチェスター市長は、中央政府の指示どおり同市でより厳格な規制を行う計画に難色を示している。それは単に、どんな規制が必要でどんな規制が効果的かという点で賛同しかねるという問題だけではなく、地域全体の反感と階級意識の問題が絡んでいる。

単純化しすぎだろうとの批判を恐れずに言えば、マンチェスターの立場はこうだ。私たちは既にあなたがたより貧しいのに、あなたたちは十分な追加の経済支援もせずに私たちの収入やビジネスを脅かす規制を受け入れろと言うのか――。

イングランド全体で全く同じ規制が行われるのなら、話は違っただろうと僕は思う。だが今回の政策では、あまりウイルスが拡大していない地域の人々には半ロックダウン(都市封鎖)的な規制を課しておらず、そうした地域は図らずも裕福な南部の州と重なっている。

不可解な規制の論理

新型コロナウイルス規制は混乱しているし、コロコロ変わり続けている。北部の多くが、パブ閉鎖や家族以外の人と会うことが禁じられるなどの最も厳しい「ティア3」下に置かれている。規制緩和の夏の結果が、この状況だ。ウェールズは基本的に新たなロックダウン状態だが、遠回しに「ファイアーブレイク(防火帯)」なる語で呼ばれている。

僕の住むエセックス州はティア1(中リスク)からティア2(高リスク)に移行したばかりだ(「低リスク」というカテゴリーはない)。この移行が厳密に何を意味するのかよく分からないのは、僕だけではないだろう。僕たちは互いにしょっちゅう、今は何ができて何は禁止なのかと聞き合っている。最近の会話の中でよくあるお決まりのパターンは、急ごしらえの規制のばかばかしい奇抜さをあげつらうことと、奇妙な抜け穴を探し出すことだ。

たとえば、1マイル離れているだけの隣接する村が別々の州に属する場合や、州境の川で分断されている村などといったケースがいくつかあるが、この場合は片方ではある規制が適用され、もう一方ではより厳しい、あるいはより緩やかな規制が適用されるということになる。

どうやら、仕事関係の人は僕の家を訪ねられるが、友人はダメらしい(ならば、友人に僕の家の塗装の仕事を頼んで、その作業中におしゃべりすることは可能?)

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の元クウェート大使代理、昨年9月に脱北=韓国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想以上の悪化 景気停滞へ

ビジネス

日本電産、営業利益予想を上方修正 巣ごもりで高付加

ビジネス

日本経済、21年度末か22年度初頭にコロナ前の水準

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 6

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 10

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!