コラム

「誰もが中国に恋をする」─ 中国、原発を使い外交攻勢

2015年11月05日(木)17時10分
「誰もが中国に恋をする」─ 中国、原発を使い外交攻勢

仏電力公社と中国系企業の出資によって、新しい原発建設が予定される英ヒンクリー・ポイント原子力発電所 Suzanne Plunkett - REUTERS

 原子力産業における中国の急速な成長と日本の凋落について、9月の寄稿で紹介した。(筆者記事「台頭する中国の原子力産業」)残念ながら懸念が予想通りになりつつある。

大規模投資に屈する英政府

 中国の習近平国家主席は10月20日から24日まで英国を訪問した。そこで両国は総額400億ポンド(約7兆4000億円)に上る投資・貿易契約で合意した。その中でも中国の原子力プラントメーカーの参加する英国の原発計画に国際的な関心が集まっている。日本であまり報道されていないので、紹介してみよう。

 中国企業が参加する原発の計画は、英南西部のヒンクリーポイント、東部ブラッドウェル、同サイズウェルの3カ所だ。いずれも中国広核集団(CGN)がかかわる。CGNは中国に3つある原発製造グループの一つで、中国の南部で仏アレバ社の技術をベースに原発を建設・運営してきた。中国政府は原子力メーカーを競わせながら、庇護も与えている。

 ヒンクリーポイントでは、仏電力公社(EDF)が仏アレバ社製のEPR(欧州加圧水型炉)2基を建設。総工費は約180億ポンド(約3.3兆円)で、EDFが66.5%、CGNが33.5%を出資し2025年の稼働を目指す。投資の最終的決定は本年末までに行われる予定だ。またEDFがサイズウェルに運営するEPR2基についても、CGNが20%以上を出資することが決まった。総額は未定だ。

 ブラッドウェルではCGNが66.5%を出資し、主導して原発を作る。数はおそらく2基の予定だが、まだ投資総額は決まっていない。同社の中国の国産原子炉「華龍1号」の建設申請をする方針という。

中国の新型原発、最初の導入も

 華龍1号は出力を100万kW(キロワット)程度と150万kWの多い最近の原発の中ではやや小さくする一方で、安全設備を最低限にして建設費用を下げようとした設計コンセプトを持つ。途上国ではこの原発導入の商談がいくつか進んでいる。来年に英当局に計画を提出する予定で審査に合格すれば、中国製の原発が初めて先進国で採用されることになる。

 英国の決断にフランス政府も歓迎の意向を示した。「仏原子力産業の再生の象徴だ」。英中両首脳が英国内の原発建設に合意した21日、マクロン仏経済相は称賛した。フランスの国策の原子力プラントメーカーアレバは14年決算までに、4期連続赤字となり、EDFと政府の支援で15年に救済された。

 フランスのオランド大統領は11月1日、EDFやアレバの首脳など経済人約40人と共に中国を訪問。中仏が原子力や環境分野を中心に経済協力を拡大することで合意した。そしてアレバに中国国有大手が出資し、海外の原発市場を共同開拓する方針も示した。

プロフィール

石井孝明

経済・環境ジャーナリスト。
1971年、東京都生まれ。慶応大学経済学部卒。時事通信記者、経済誌フィナンシャルジャパン副編集長を経て、フリーに。エネルギー、温暖化、環境問題の取材・執筆活動を行う。アゴラ研究所運営のエネルギー情報サイト「GEPR」“http://www.gepr.org/ja/”の編集を担当。著書に「京都議定書は実現できるのか」(平凡社)、「気分のエコでは救えない」(日刊工業新聞)など。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、対中貿易制限に難色 「中国に米製エンジ

ビジネス

ユーロ圏財務相、財政支出拡大の方向で一致 ドイツが

ビジネス

米金利水準「おおむね適切」、新型肺炎はリスク=ダラ

ビジネス

英就業者数、10─12月も力強い伸び 賃金は減速

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

  • 2

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 3

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア 新型コロナ感染ゼロの理由とは

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 6

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 10

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級」と世界が囁き始めた

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 8

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 9

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 10

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!