コラム

混迷イラクの懸念と希望──宗派対立だけでは理解できない複層的な現状

2020年03月04日(水)17時00分
混迷イラクの懸念と希望──宗派対立だけでは理解できない複層的な現状

イラクでサドル師への反発は意外に強い ALAA AL-MARJANI-REUTERS

<反政府デモが続くイラクでシーア派の有力指導者ムクタダ・サドル師の命令に反発の声、イスラム法的には正統な見解だが人々が従わない理由とは>

「イスラム法の規定に基づき、座り込みのテント内での男女の混在を禁じる」

昨年10月から反政府抗議デモが続くイラクで2月9日、シーア派の有力指導者の一人であるムクタダ・サドル師がこのような命令を下した。これに対しイラク各地で反発の声が上がり、女性が顔にヒゲを描いたり、男性が女性のようにヒジャーブを着用する異性装で抗議する人々も現れた。

サドル師は13日にも、今日のイラクには「裸体、男女混在、酩酊、不道徳、放蕩、不信仰」があふれており、「イラクを(アフガニスタンの)カンダハルのように過激で、シカゴのように無法な場所にしてはならない」とツイートした。首都バグダッドでは数百人の女性が男性に交じってデモに参加し、これに抗議した。人々はイラク国旗を掲げ、「第2のイランになるのはごめんだ」と叫んだ。

男女混在を禁じるサドル師の見解は、コーラン第33章53節「あなたがたが、かの女らに何か尋ねる時は、必ず帳(とばり)の後からにせよ」などの言葉に由来している。そのような状況下では男性の性欲が刺激され、姦通という大罪につながりかねない、というのがイスラム的な考え方だ。

サドル師の見解はイスラム法的には正統である。しかし今のイラクの人々は、それにおとなしく従ったりはしない。

理由はいくつもある。

第1にサドル師には、自身が「腐敗した政府」の当事者だという側面がある。サドル師傘下にあるサーイルーンという政党連合はイラク議会の第1党だ。デモ隊の中には、サドル師こそイラクを率いるべきだとする支持者がいる一方、彼をあくまで打倒すべき体制派と見なす人も多い。

第2に、デモ参加者にはシーア派もスンニ派もいるが、彼らはサドル師のシーア派という宗派色や政治色、反米強硬路線を嫌う傾向が強い。彼らは隣国のシーア派国家イランがイラクのシーア派民兵組織「人民動員隊」に資金や武器を与えて代理組織化し、イラクに強い影響力を及ぼしている実態に抗議している。人民動員隊を統率してきたのが、今年1月に米の軍事作戦によって殺害されたイラン革命防衛隊クッズ部隊のガセム・ソレイマニ司令官だ。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。イスラム教という切り口から国際情勢を分析している。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)。

ニュース速報

ワールド

焦点:トランプ氏再選に正念場、「経済優先」か「感染

ワールド

豪当局が警察力行使で期間設定、新型コロナ対策徹底巡

ワールド

ロシア、新型コロナで国家非常事態宣言を検討=関係筋

ビジネス

英BA、従業員3万6000人を一時帰休も=BBC

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!