コラム

フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

2019年06月25日(火)15時45分

「連日、『死』や苦痛や苦悩を目の当たりにし、怒りを覚えた。彼ら(フェイスブック)が動画を放置するからだ」と、スピーグル氏はビデオインタビューで告白。ニュートン記者を前に涙で言葉を詰まらせながら、「動物も人間も救うことができない仕事だと感じた」と語っている。

メンタルヘルスに大きなリスクを及ぼしかねない仕事だが、時給は15ドル。フロリダ州にしては格安とは言えないが、ニューヨーク市やシアトル市の最低賃金レベルだ(ニューヨークでは今年大晦日から15ドルに、シアトルは今年元日から、大手チェーン企業に時給16ドルの最低賃金を課している)。

監視員は、非正規雇用で定期的なレイオフ(解雇)があるなど雇用は安定しない。不潔なデスクなど、オフィス環境も「胸が悪くなるようなもの」(ジョンソン氏)だった。約800人の従業員が共有していた、たった1つのトイレは汚物まみれで、トイレに行く際はオンラインで報告するよう求められていたという。健康上の理由で欠勤が増えていたある女性は、解雇されないよう病気を押して出勤。トイレに行く回数の多さからクビになることを恐れた彼女は、上司から渡されたゴミ箱に嘔吐し、デスクで泣き崩れたという。女工哀史をほうふつさせるエピソードだ。

健康のための休憩は9分

削除すべきかどうかなど、動画の扱いをめぐるフェイスブックの方針が日々変わる中、98%の正確さで、その方針に沿うような判断を下すようフェイスブックから求められていたそうだが、タンパ・オフィスはスコアが低かったという。一日に9分間の「ウェルネス(健康維持)タイム」が設けられ、専門家によるホットラインが提供されていたが、「500本の動画を見た後に、たった9分、カウンセラーと話しても元気になるはずがない」と、ジョンソン氏はビデオインタビューで不満をあらわにしている。

バージの記事のタイトル「Bodies in Seats=イスに座った肉体」は、コンテンツ監視員が厳しい監視の下、「98%」という数字を実現するためのツールのように扱われたことを示唆している。コグニザントにとって、月間ユーザー数23億8000万人(今年3月末時点)を誇る世界最大のパブリッシャーでソーシャルメディア帝国であるフェイスブックから課された数字は、それほど絶対的な意味を持っていたのか。

コグニザントの広報担当者は、バージの記事に関するコメントを求めた筆者に対し、文書で次のように答えてきた。「コグニザントは米国内外で働く4万人超の従業員のために安全で元気が出るような職場をつくるべくまい進しており、職場や従業員の問題に対し、日常的に、プロにふさわしいやり方で対応している。タンパの施設も例外ではない。安全・清潔で、仲間すべての支えとなるような労働環境の確保に熱心に取り組んでいる」

プロフィール

肥田 美佐子

(ひだ みさこ)NYマンハッタン在住ジャーナリスト。東京都出身。『ニューズウィーク日本版』編集などを経て、1997年、単身渡米。米メディア系企業などに勤務後、独立。米経済・雇用問題や米大統領選などを取材。ジョセフ・スティグリッツ、アルビン・ロスなどのノーベル賞受賞経済学者、「破壊的イノベーション」論のクレイトン・クリステンセン、ベストセラー作家のマイケル・ルイス、ジム・オニール元ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長など、米(欧)識者への取材多数。元『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』コラムニスト。『週刊東洋経済』『プレジデントオンライン』『フォーブスジャパン』『経済界』など、経済誌を中心に寄稿。現在、テクノロジーと米経済に関する本を執筆中。(mailto:info@misakohida.com

ニュース速報

ビジネス

今週の米株式市場はハイテク・ネット関連企業の決算に

ワールド

ジョンソン英首相、通商協議で高関税活用を検討

ビジネス

アングル:ECB理事会を巡る5つの疑問、戦略見直し

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日以内の合意が必要

  • 2

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 3

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 4

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 5

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 6

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 7

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 8

    新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れた…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 10

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!