コラム

フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

2019年06月25日(火)15時45分

「連日、『死』や苦痛や苦悩を目の当たりにし、怒りを覚えた。彼ら(フェイスブック)が動画を放置するからだ」と、スピーグル氏はビデオインタビューで告白。ニュートン記者を前に涙で言葉を詰まらせながら、「動物も人間も救うことができない仕事だと感じた」と語っている。

メンタルヘルスに大きなリスクを及ぼしかねない仕事だが、時給は15ドル。フロリダ州にしては格安とは言えないが、ニューヨーク市やシアトル市の最低賃金レベルだ(ニューヨークでは今年大晦日から15ドルに、シアトルは今年元日から、大手チェーン企業に時給16ドルの最低賃金を課している)。

監視員は、非正規雇用で定期的なレイオフ(解雇)があるなど雇用は安定しない。不潔なデスクなど、オフィス環境も「胸が悪くなるようなもの」(ジョンソン氏)だった。約800人の従業員が共有していた、たった1つのトイレは汚物まみれで、トイレに行く際はオンラインで報告するよう求められていたという。健康上の理由で欠勤が増えていたある女性は、解雇されないよう病気を押して出勤。トイレに行く回数の多さからクビになることを恐れた彼女は、上司から渡されたゴミ箱に嘔吐し、デスクで泣き崩れたという。女工哀史をほうふつさせるエピソードだ。

健康のための休憩は9分

削除すべきかどうかなど、動画の扱いをめぐるフェイスブックの方針が日々変わる中、98%の正確さで、その方針に沿うような判断を下すようフェイスブックから求められていたそうだが、タンパ・オフィスはスコアが低かったという。一日に9分間の「ウェルネス(健康維持)タイム」が設けられ、専門家によるホットラインが提供されていたが、「500本の動画を見た後に、たった9分、カウンセラーと話しても元気になるはずがない」と、ジョンソン氏はビデオインタビューで不満をあらわにしている。

バージの記事のタイトル「Bodies in Seats=イスに座った肉体」は、コンテンツ監視員が厳しい監視の下、「98%」という数字を実現するためのツールのように扱われたことを示唆している。コグニザントにとって、月間ユーザー数23億8000万人(今年3月末時点)を誇る世界最大のパブリッシャーでソーシャルメディア帝国であるフェイスブックから課された数字は、それほど絶対的な意味を持っていたのか。

コグニザントの広報担当者は、バージの記事に関するコメントを求めた筆者に対し、文書で次のように答えてきた。「コグニザントは米国内外で働く4万人超の従業員のために安全で元気が出るような職場をつくるべくまい進しており、職場や従業員の問題に対し、日常的に、プロにふさわしいやり方で対応している。タンパの施設も例外ではない。安全・清潔で、仲間すべての支えとなるような労働環境の確保に熱心に取り組んでいる」

プロフィール

肥田 美佐子

(ひだ みさこ)ニューヨーク在住ジャーナリスト。東京都出身。大学卒業後、『ニューズウィーク日本版』編集などを経て、単身渡米。米メディア系企業などに勤務後、2006年独立。米経済・雇用問題や米大統領選などを取材。ジョセフ・スティグリッツ、アルビン・ロスなどのノーベル賞受賞経済学者、「破壊的イノベーション」論のクレイトン・クリステンセン、ベストセラー作家のマルコム・グラッドウェルやマイケル・ルイス、ビリオネアAI起業家のトーマス・M・シーベル、ジム・オニール元ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長など、米(欧)識者への取材多数。元『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』コラムニスト。『週刊東洋経済』『経済界』に連載中。『フォーブスジャパン』などにも寄稿。(mailto:info@misakohida.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

メキシコ中銀、3会合連続で0.75%利上げ 追加引

ワールド

ウクライナ領土に対するロシアの主張、決して認めず=

ワールド

米国務長官、ロシア編入「投票」を非難 「土地収奪の

ワールド

米上院、12月16日までのつなぎ予算案を可決 政府

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 7

    英女王死去でデンマークが残念だった理由

  • 8

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 9

    チャールズ新国王は疲れを知らず瞬間沸騰もある、ス…

  • 10

    「アルツハイマー病は脳疾患ではないかもしれない」…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中