コラム

障害のある私の子供を露骨に避ける弟、唯一気にしていたのは...

2021年02月19日(金)17時10分
障害のある私の子供を露骨に避ける弟、唯一気にしていたのは...

Photo illustration by Slate. Photos by Motortion/iStock/Getty Images Plus and Paul Bradbury/iStock/Getty Images Plus.

<私たち夫婦にもしものことがあったときのため、子供たちの後見人の第2候補になってもらえないかと頼んだところ、返事はノー。人生相談員からの現実的な提案とは>

Q:生涯にわたりケアが必要な発達障害を抱える2人の幼児を育てる母親です。身内には手厚くサポートしてもらっていますが、ただ1人私の弟だけが、子供たちと1度会ったきり、電話もメールもしてきません。娘がてんかんで入院したときも、病状を心配するでもなく、母に電話して怒鳴りつけたそうです。遺伝性疾患についてどうして今まで話してくれなかったんだ、自分たち夫婦の家族計画にだって影響するじゃないか、と。

先日、私たち夫婦2人にもしものことがあったときのため、遺言書を作成しました。弁護士の勧めで、子供たちの後見人の第2候補になってもらえないかと弟夫婦に頼みました(第1候補は夫の兄弟です)。ところが、弟の返事はノー。理由はただ「気が進まないから」。こんなに冷たい弟との関係は断つべきでしょうか。

── かたくなな弟の姉

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

ニュース速報

ビジネス

FRBの金利ガイダンスは明確、市場は注目を=リッチ

ビジネス

米ISM製造業景気指数、2月は3年ぶり高水準 価格

ワールド

世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的

ビジネス

訂正:アップル、米270全店舗の営業再開 パンデミ

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    トランプの扱いを巡って米国共和党の内紛は三国志状態へ

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 5

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    中国共産党「海賊版摘発」の真の狙いは国外情報ブロ…

  • 8

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 9

    慰安婦問題で韓国が公的議論を受け入れるとき

  • 10

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!