コラム

「私たちは子供を持ちません!」夫のパイプカットを祝う記念撮影は無神経?

2020年03月06日(金)18時00分
「私たちは子供を持ちません!」夫のパイプカットを祝う記念撮影は無神経?

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTO BY SANNEBERG/ISTOCK/GETTY IMAGES PLUS.

<「子供を持てない人たちの気持ちを考えたい」と彼。普通のカップルが妊娠報告するのと同じように、私たちの決意を祝いたいだけなのに──。文化評論家のジャミラ・ルミューがお答えします>

Q:20代後半の女性です。30代前半の夫が近くパイプカット(精管切除)の手術を受ける予定です。

この決断にワクワクしている私は、手術後に「私たちは子供を持ちません」という宣言を写真という形に残してはどうかと夫に提案しました。でも彼は気配りの人なので、「アイデアは面白いけれど、子供を持つことができない人たちの気持ちを考えたい」という返事でした(私たちの親戚にも、そういうカップルが少なくとも1組います)。

彼の言うことも分かりますが、それでも私は普通のカップルが妊娠を周囲に伝えるのと同じように、私たちの決意を祝いたい。今は子供を持つ人と持てない人の間で黙っているべきだというプレッシャーを感じており、不満が募ります。

もちろん、夫を無理やり写真撮影に参加させたくはありません。ただ、人生の大きな節目を自由に祝いたいのです。私は鈍感で利己的なのでしょうか。他人の妊娠発表をただおとなしく聞いているべきですか。

── 子なしでも幸せ女

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

ニュース速報

ワールド

供給網に重大な影響ない見通し、引き続き情報収集=大

ワールド

ブラジル大統領、新型コロナ再検査 肺は「きれい」

ワールド

韓国でコロナ重症患者に両肺の移植手術、快方に向かう

ワールド

中国、政治的取り締まりで専門組織設立=国営メディア

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!