コラム

優等生政治家ブルームバーグに足りないもの

2019年12月03日(火)18時00分
優等生政治家ブルームバーグに足りないもの

ブルームバーグの出馬を「ついに」と見るか「今さら」と見るか JOSHUA ROBERTS-REUTERS

<優れたリーダーシップで「ニューヨーク400年の歴史上最高の市長」と評され、その中道のスタンスから本選でトランプに勝てる可能性が高いといわれるが>

民主主義を信じる人々は、民意と指導者の力量が一致してほしいと期待する。一致しなければ、凡人や扇動家、あるいは暴君が国を率いることになりかねない。

しかし、ドナルド・トランプ米大統領は約3年間で、腐敗と大言壮語といかさまが民主主義の理想に勝ることと、あらゆる社会にとって最大の危機は、その社会固有の矛盾であることを証明した。

アメリカの連邦主義は、地方の白人の保守派の有権者が、都会の人種的に多様な穏健派や進歩主義の有権者より、常に優勢であるという構図をつくり出した。アメリカの有権者の3分の2は毎朝、不満とともに目覚めている。世界で9番目の富豪マイケル・ブルームバーグが、民主党から来年の米大統領選に出馬すると聞いて(28人目の出馬宣言だ)、まず疑念や怒りが湧いてくるのも無理はない。

とはいえ、ブルームバーグがニューヨークの400年の歴史の中で最高の市長だったことや、優れたリーダーシップの持ち主であることは、多くの識者が認めている。さらに重要なのは、本選で勝てる希望がある、ということだ。

成功する有能な政治指導者は、複雑な組織をマネジメントして、不可欠だが矛盾する目的(例えば、軍事と経済)を両立させるという経験が必要だ。党派対立の圧力に負けず、個人的な利益を優先させたい誘惑に打ち勝つ資質や、本当に重要で実現可能な問題を見極める判断力も求められる。

その全てを兼ね備える指導者が、合理主義者が理想とする理想国家の君主「哲人王」だ。ただし、民主主義において、政治的なリーダーシップと政治的な手段を切り離すことは不可能だ。だからこそ、気が付けばソロモン王ではなくトランプがアメリカを率いている。

大統領候補者として理性的過ぎ?

ブルームバーグは市長として成功したし、少なくとも平均的な人格と判断力を持ち合わせているようだ。政治スキルに関しては、指導者として専制的になりがちだと言われている。もっとも、さまざまな欠点も選挙運動に数十億ドルをつぎ込めば帳消しになる。

ブルームバーグを推す人々に言わせれば、民主党候補として最も重要なのは、トランプに勝てることだ。エリザベス・ウォーレン上院議員やバーニー・サンダース上院議員など左寄りの候補者より、穏健派のほうが本選で勝てる可能性は高い。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

スペイン、外出制限を強化へ 新型コロナ対策

ワールド

イタリア、新型コロナの死者1万人を突破 世界全体で

ワールド

トランプ米大統領、NY州の「封鎖」を一時検討 その

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発を発射、短距離弾道ミサイルか

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 2

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 3

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は天才?!

  • 4

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    世界恐慌は絶対に来ない

  • 9

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 10

    キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 6

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 9

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 10

    中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!