コラム

米朝首脳ハノイ会談はトランプの完敗だ

2019年03月07日(木)17時10分

しかし、私の見立ては違う。核放棄と制裁解除の順番はあくまで二次的問題であり、問題の根本には1つの現実がある。

北朝鮮にとって、核兵器は独立維持と米軍の侵攻を防ぐための切り札であり、それこそ米軍の朝鮮半島からの全面撤退でもない限り、核開発能力の放棄はあり得ない。個人的には、その場合でも核放棄に応じる可能性は小さいと考えている。北朝鮮は、核兵器こそ国家独立の要だと信じているからだ(その信念はおそらく正しい)。

茶番劇から学ぶべきこと

トランプが突然席を立ったことで北朝鮮はメンツをつぶされたのか。私が思うに、北朝鮮が今回の首脳会談で得たものは、トランプの無作法な振る舞いによる屈辱よりはるかに大きい。

では、日本はどうか。日本の安全保障は米朝の話し合いに直接影響されるにもかかわらず、ハノイ会談の前、日本はトランプの眼中にほとんど入っていなかったように見える。

今回の結果は、日本にとっていくらか慰めになるかもしれない。トランプが日本政府だけでなく、自国の国務省や軍、情報機関の言葉にも耳を貸さないことが改めて浮き彫りになったからだ。トランプに対して効果がなかったのは、安倍晋三首相のゴルフ同伴やノーベル平和賞推薦だけではなかったようだ。

トランプと金のハノイでの茶番劇は、アメリカ文学史上屈指の名作『ハックルベリー・フィンの冒険』に登場する2人のあさましい人物、「王様」と「公爵」を思い出させる。

逃亡奴隷のジムと一緒にミシシッピ川を下る旅に出たハックルベリー・フィンは、嘘つきでペテン師の「王様」と「公爵」(ともに自称)に出会い、だまされて痛い目に遭う。この2人は、人をだましてカネを巻き上げることしか考えていない。

トランプも北朝鮮問題で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の期待に応えなかった。一方の金は、自国を国際社会の一員として認めさせようと企て、まんまとそれに成功した。

ハックルベリー・フィンはペテン師や悪党などとの出会いを通じてさまざまなことを学び、成長していく。それと同じように、アメリカと韓国と日本の国民も、今回の経験を経て少しは賢くなったかもしれない。トランプが約束を守るつもりがないこと、そして北朝鮮が少なくとも当分は核兵器を手放さないことがよく分かっただろう。

<本誌2019年03月12日号掲載>

※3月12日号(3月5日発売)は「韓国ファクトチェック」特集。文政権は反日で支持率を上げている/韓国は日本経済に依存している/韓国軍は弱い/リベラル政権が終われば反日も終わる/韓国人は日本が嫌い......。日韓関係悪化に伴い議論が噴出しているが、日本人の韓国認識は実は間違いだらけ。事態の打開には、データに基づいた「ファクトチェック」がまずは必要だ――。木村 幹・神戸大学大学院国際協力研究科教授が寄稿。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京で新たに243人の感染確認 過去最

ワールド

香港警察、警官襲撃巡り7人逮捕 容疑者の逃走支援

ワールド

トランプタワー前に人種差別抗議のスローガン、NY市

ワールド

豪、帰国者を半数に制限 ビクトリア州は新規感染者が

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!