コラム

パキスタンが捏造公電でインド批判の怖さ

2010年12月10日(金)18時01分

 パキスタンの日刊紙「ニューズ」は12月9日、民間内部告発サイト「ウィキリークス」が暴露した公電により、パキスタンがインドに関して常々指摘してきた疑惑の数々が裏付けられたと報じた。


 ウィキリークスが公表した在イスラマバード米大使館からの公電で、パキスタンのバロチスタン州やワジリスタン州、その他の部族地域とインドが関わりを持っている十分な証拠が明らかになった(中略)。

 08年にインド西部ムンバイで発生した同時多発テロに、パキスタンの軍統合情報局(ISI)は直接的にも間接的にも関与していないとする公電もあった。そこには、唯一生き残ったテロ実行犯アジマル・カサブの供述に基づくムンバイ当局の調査書類は妙な内容で、「話にならないほど不十分だ」とも記されている。

 インドのディーパック・カプール元陸軍参謀長は無能な戦闘指揮官で、かなりの変人と書かれていたことも暴露された。中国とパキスタンを一つの戦線で同時に倒すという彼の基本戦略は、「現実からは程遠い」とアメリカ側は片付けている。別の公電によれば、カプールは国の治安問題はほとんど気にかけず、自分の懐を肥やすことや軍内部でさらなる崇拝を得ることのほうに関心を持っていたという。カプールとビジェイ・クマル・シン現陸軍参謀長の権力争いのせいで、インド軍が二つに分裂していたことも示唆されている(中略)。

 インドが実行支配するジャム・カシミール州で、軍がひどい人権侵害に関わっていることも記されている。当時のインド軍北部司令部のH・S・パナ司令長官は、ボスニアやコソボで大量虐殺を行い戦争犯罪の罪に問われたスロボダン・ミロシェビッチ元ユーゴスラビア大統領になぞらえられている。


■今まで誰もやらなかったほうが不思議

 唯一の問題は、これらの公電がどれも本物ではなさそうだということ。ウィキリークスが入手した公電のすべて(まだ公開されていない物も含む)を提供されている英ガーディアン紙も、ニューズ紙の記述に該当する公電を見つけられなかった。パキスタンの4紙に掲載されたこの記事には署名がなく、イスラマバードに拠点を置く軍部寄りの通信社オンライン・エージェンシーのクレジットが入っているだけだ。

 驚きなのは、今までこうしたことが起きていなかったことのほうだ。ウィキリークスが握っている公電の大部分はまだ公開されておらず、事前にすべてを入手している新聞社が話題性の強い部分を先取りして報道している状態。例えば、ロシアのウラジーミル・プーチン首相とドミトリー・メドベージェフ大統領の関係を「バットマンとロビン」になぞらえた話は、公電が表に出る数日前に記事になった。

 要するに、自分たちの政治課題に都合のいい公電をでっち上げようと思えば簡単にできる。パキスタンの捏造者たちがもっと器用だったら、公電そのものを偽造することもできただろう。となると、新聞で内容を小出しにするより、すべての公電を今すぐ公表した方がいい。それなら事実チェックもずっと簡単になる。
今回パキスタンで捏造された公電が、ほとんど漫画的だったのは幸いだ。

 もう一つの心配は、インドの米大使館関係者が書いた本物の公電から非常にまずい文書が出てくる可能性があることだ。ブッシュ前政権もオバマ政権も、インドがビルマ(ミャンマー)の軍政を暗黙のうちに支持していることやインド政府内に蔓延する汚職など、多くの不愉快な事実に目をつぶってきた。インドとの政治的・経済的関係を改善するためだ。だが、ニューデリーに駐在する外交官たちが送った公電は、もっと無遠慮に本音を明かす内容だったろうと想像できる。

 ウィキリークスが暴露したパキスタン関連の公電は、印パ両国がお互いを良く思っていないという公然の秘密を裏付けただけだ。米印関係の方が、失うものは大きいだろう。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年12月9日(木)14時06分更新]

Reprinted with permission from FP Passport,10/12/2010. © 2010 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

台湾独立に向けた動きを阻止、平和的関係目指す=中国

ワールド

原油先物が上昇、OPECプラスの協調減産延長で

ワールド

対ファーウェイで規制を十分活用、安保の脅威=米商務

ビジネス

FRB議長講演、債券市場関係者は失望 利回り上昇へ

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!