最新記事

インド

インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに配られるか誰も把握していない」

2021年5月12日(水)19時45分
青葉やまと

世界各地からインド向けの支援物資が積み込まれたが......   Menahem Kahana/REUTERS

<国際社会からインドに支援物資が続々と到着するも、その大半は必要とする人々に届いていない......>

新型コロナが猛威を振るうインドでは、1日あたりの新規感染者数が40万人に達した。母数の人口が異なるとはいえ、単純に感染者数で比較すれば日本の60倍、アメリカの10倍ほどの規模に上る。感染が確認された人の割合はインド全体で3人に1人、状況が深刻な南西部ゴア州では2人に1人という極めて高い水準になっている。

治療に必要な物資が圧倒的に不足しており、家族らは知人のつてや非正規の取引などを通じ、酸素ボンベ、ワクチン、治療薬のレムデシビルの調達を試みている。

とくに深刻なのが酸素不足だ。人口が集中する北部の首都デリーでは十分な酸素を製造しておらず、東部の工業地帯からの輸送に依存している。ロイターは、液体酸素は空輸不可能なことから、場合によってはタンクローリーで1000キロ以上を陸送している状態だと報じている。また、そもそも国内全体の生産量が十分でなく、各州は酸素の争奪戦に動いている。

不足する酸素とワクチン、そして治療薬を求め、人々は炎天下での行列を強いられている。米CBSは、列での待機が「数時間、ときには数日間」に及ぶと伝えている。必要な酸素が手に入らないだけでなく、物資不足が新たな密を生み出している状況だ。

国際社会からニューデリー空港へ、続々と支援が届く

インド国内の窮状が報じられると、多くの国々が国際援助を申し出た。現地CBS紙によると、イギリスは大型酸素生成機3台と人工呼吸器1000台を載せた大型貨物機を飛ばし、すでにニューデリーでの荷下ろしが完了している。

Watch: India receives first shipment of Covid aid from UK, MEA tweets pictures

インディア・トゥデイ紙はアメリカが4月下旬、酸素ボンベ、酸素濃縮機、診断装置、N95マスクなど、1億ドル相当の支援物資を発送したと報じている。

このほか、医療チームと移動式酸素製造機の提供を申し出たドイツをはじめ、フランス、ベルギー、ドバイ、タイなど世界各国から援助が向けられている。日本からも、支援が決定された酸素濃縮機300台のうち、第1弾として100台が到着した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月