最新記事

インド

インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに配られるか誰も把握していない」

2021年5月12日(水)19時45分
青葉やまと

しかし、日々数千人が命を落とすなか、こうした支援物資の多くはタイムリーに医療機関に渡っていない。米CNNは「ここで一つ問題がある。現場の病院はより多くの支援を切望しているが、こうした貨物の大半は空港の貨物倉庫に、何日にも渡って留め置かれているのだ」と述べる。

現地メディアが州政府担当者の話として報じたところでは、最初の緊急支援物資が到着してから配布が始まるまでに1週間以上を要したという。多くの感染者を抱える南西部ケララ州の保健医療相は英BBCに対し、少なくとも5月5日の時点で「いまだ何の支援物資も受け取っていない」と語った。

支援物資の分配は混乱し、誰も計画を把握していない

原因の一つは、国際社会から一挙に寄せられた支援に、現地の枠組みが対応できなかった点にある。インド保健省は分配のガイドラインを作成するのに7日を要したが、この間に2万3000人以上が死亡した。

インド政府は物資滞留の報道を強く否定し、配給を行うための「合理的なメカニズム」を導入したと述べている。しかし保健省が発表する数字でも、すでに物資を受け取った医療施設の数は38に留まる。

分配が始まってからも、新たな「物流の悪夢」が発生しているとCNNは報じる。物流計画には、インド政府、インド赤十字社、税関、保健省、政府系医療メーカー、そして地方への輸送を担当する軍など、多くの母体が関わる。各主体が総力戦で物資を届けようとしているが、関与する機関の多さが混乱に拍車をかけている状態だ。

さらに、各国から寄せられた物資は規格も納品単位数も統一されていない。そのうえほとんどのケースで、支援元の国が作成したリストと実際に届いた物資の数量および種類が一致しない。そのままでは計画通りに配分できないことから、本来不要な調整を待つ結果となり、物資は空港倉庫を発つことができないでいる。

情報不足も不安を増長している。NPO代表のパンカジ・アナンダ氏はBBCの取材に対し、「救援物資がどこへ行こうとしているのか、誰もまったく把握していないように思われる」と語った。大手私立病院などが加盟するインド医療連盟の会長も、「(物資が)どこへ配給されるのかいまだ情報がない」と情報不足を訴える。

現地では可能な限り多くの人命を救うため、必死の活動が展開されている。混乱はやむを得ないが、救える命を物資不足で救えないでいる医療現場からは悲痛な声が上がる。

CNNは、官僚主義や人的ミスが遅配の原因としてあり得るとしたうえで、「しかし現場の人間にとっては、このような可能性を弁明することにほとんど意味はない。彼らが政府に望むのは、現状より迅速なアクションを取り、日ごと数千人が亡くなっているICUに支援物資を届けることだ」と述べている。

インド政府はすでに酸素関連物資を最優先で処理するよう税関に求めており、イギリスからの物資は15分で関税手続きを通過したという。人々に酸素を届けるべく、未曾有の事態のなか物流面での試行錯誤が続く。

ニュース速報

ビジネス

シェブロン、第2四半期利益が6四半期ぶり高水準 自

ビジネス

米6月コアPCE物価3.5%上昇、高止まり続く サ

ビジネス

FRB、秋に緩和縮小開始を 「かなり速いペース」望

ワールド

ハリス米副大統領、8月にベトナムとシンガポール訪問

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなるのか?

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 5

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 6

    米病院で開会した「もう一つのオリンピック」と、小…

  • 7

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    愛妻にバラバラ死体にされた日系御曹司...猟奇殺人事…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月