コラム

メドベージェフ、BP叩きの迫力

2010年06月21日(月)16時32分

passport060510.jpg

同業者 ガスプロム元会長のメドベージェフ(右)は、石油ビジネスのプロ
(09年5月、ハバロフスクの石油精製所で)
RIA Novosti-Reuters

 アメリカで原油流出事故を起こした英石油メジャーBPは、ロシアのドミトリー・メドベージェフ露大統領の同情を買うこともできなかった。メドベージェフは、かつて政府系の天然ガス・石油大手ガスプロムの会長も務めた同業者なのだが。6月18日付けのウォールストリート・ジャーナル電子版は次のように伝えた。


 22日からの初訪米を控えたメドベージェフもまた、メキシコ湾の原油流出事故で巨額の補償責任を負ったBPは「絶滅」、つまり分割される運命かもしれないという見方を示した。

 BPの原油産出量の4分の1を占めるロシアでの石油合弁事業を見直すとまでは言わなかったものの、この流出事故は世界中の石油探査プロジェクトを根本的に再考するきっかけになるだろうと語った。

「これは警鐘だ」と、メドベージェフは言った。BPの運命に関しこうも付け加えた。「ロシア政府は当然、BPの将来に関心を持っている。彼らが損失を吸収できることを願う」


 以前このブログで指摘したとおり、ロシア政府はBPと関係があるどころの話ではない。ロシア政府は何年も前から、BPとロシアの合弁石油TNK-BPを儲かる輸出ビジネスから締め出そうとしたり、非現実的に高い生産ノルマを課したりと、様々な嫌がらせを行ってきた。そしてそれはしばしば、ガスプロムに儲けさせるためだった。

■オバマはプーチンのアメリカ版?

 英エコノミスト誌は、バラク・オバマ米大統領の原油流出に対する対応を批判する記事のなかで、ロシアとメドベージェフの前任者を引き合いに出した


 BPの株価が急落したのは、オバマはウラジーミル・プーチン前ロシア大統領のアメリカ版だと市場が判断したからだ。つまり、企業に嫌がらせをして自分の言うことをきかせるタイプだ。


 これはちょっと言い過ぎだろう。オバマはまだ、新興石油会社のトップをシベリア送りにしたわけではないし、外資系石油会社の外国人幹部に対するビザ発給を拒んだこともない。だがBPのトニー・ヘイワードCEO(最高経営責任者)は今ごろきっと、メドベージェフがオバマにおかしな考えを吹き込まないよう祈っていることだろう。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年06月18日(火)15時03分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 21/6/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story