コラム

官民の「貸し借り」で既得権を再分配する電波行政

2011年02月03日(木)19時09分

 ジョン・メイナード・ケインズは『雇用、利子および貨幣の一般理論』の最後で、「よくも悪くも、危険なのは既得権ではなく理念である」と書いたが、日本社会で危険なのは既得権である。特に官僚機構では、所管業界の既得権を守るために新規参入や競争を妨害することが最大の仕事だ。その構造を垣間見せたのが、今回の電波法の改正をめぐるドタバタ劇だった。

 電波の配分については、ほとんどのOECD諸国では周波数オークションが導入され、市場原理による競争で割り当てられている。民主党も2009年の総選挙の政策インデックスでオークションの実施を公約し、昨年9月の閣議決定では「オークションの考え方」を導入することが決まっていた。ところが2月8日に閣議決定される予定の電波法改正では、オークションは姿を消してしまった。

 そのからくりをさぐると、日本社会の裏側が見えてくる。まず総務省の行なった各界へのヒアリングでは、専門家が一致してオークションを実施すべきだと述べる一方で、通信業界は一致してオークションに反対した。今年7月にアナログ放送が止まったあと開放される周波数は合計で300メガヘルツを上回り、すべてオークションで割り当てると時価3兆円以上になると推定されている。いま無料で電波を割り当てられている業者が、オークションに反対するのは当然だ。

 しかし奇妙なのは、「光の道」論争ではNTTの既得権を激しく批判したソフトバンクが、周波数オークションに反対したことだ。孫正義社長は、かつてはオークション推進論者として知られ、森内閣のIT戦略会議ではオークションの実施を提言した。ところがボーダフォンを買収して電波を手に入れてからは言わなくなり、今回は反対を表明した。この背景には、今回の周波数再編で空く予定の900メガヘルツ帯がソフトバンクの「指定席」とみられている事情がある。

 それを裏づけるのは、昨年ソフトバンクが経営破綻したウィルコムを買収して子会社にしたことだ。総務省はウィルコムの救済をNTTドコモなどに打診したが、その技術に将来がないという理由で断られた。それをソフトバンクが引き受けたのは、900メガヘルツ帯を割り当てる総務省との密約があったためとみられている。総務省にとっては、いわば900メガヘルツ帯の料金をソフトバンクに「先払い」させているので、それをオークションにかけて他の会社が落札したら約束違反になる。

 皮肉なことに、このウィルコムのもっている2.5ギガヘルツ帯は、2007年の周波数割り当てでソフトバンクが応募して敗れた帯域である。そのときの「美人投票」(書類審査)では、ウィルコムの「財務的基礎が(NTTドコモより)充実している」という評価があって、業界関係者は驚いた。あとでわかったのだが、このときドコモが落とされたのは、そのあと割り当てられるVHF帯をドコモに割り当てるという密約があったためだ。

 このためドコモはVHF帯で民放と組んだのだが、このとき外資系のクアルコムがKDDIと組んで周波数オークションを要求し、1年以上に及ぶ泥仕合になった。結果的には、総務省はオークションを「時間がない」という理由で拒否し、ドコモが免許を取得したが、ドコモはVHF帯で事業をやる気はない。VHF帯は使いにくく、採算も取れないからだ。これは「外資を排除してくれ」という電波部の求めに応じて700メガヘルツ帯の免許をもらうための「先行投資」だからである。

 このように無料で電波をもらうために、通信事業者は多額の投資で役所に「貸し」をつくる。役所はその「借り」を返して天下りを受け入れてもらうために、八百長の「美人投票」で密約どおり電波を割り当てる。特に700/900メガヘルツ帯では、前述のように役所がすでに借りをつくってしまったので、オークションをやると密約を破る結果になる。

 ......と書いても、電波業界以外の人には何のことやらわからないだろう。要は、このように複雑怪奇な密室の「貸し借り」で電波行政が動いているために、オープンな競争にできないのだ。官民癒着のひどい建設業界でも、最近はここまで露骨な談合は見られない。それが残っているのは、談合の当事者であるテレビも(系列の)新聞も、この事実を報道しないからだ。

 その結果、日本はまた通信産業に競争を導入するチャンスを逃した。アジアでもほとんどの国が周波数オークションを導入しており、残っているのは中国、北朝鮮、モンゴル、ベトナムぐらいしかない。「電波社会主義」を守った日本は、こうした国のように世界から取り残されてゆくだろう。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!