コラム

規制と開発の「いたちごっこ」...大麻グミ問題から見る、危険ドラッグ取締りと活用の歴史

2023年12月04日(月)16時30分
大麻グミのイメージ

合成化合物HHCHを含む「大麻グミ」のイメージ。12月2日からHHCHの販売や所持・使用が禁止に Creativan-Shutterstock

<大麻グミや日大アメフト部の違法薬物事件が取り沙汰されているが、諸外国でも薬物乱用が深刻な問題となっている。麻薬成分を含む薬物の歴史、良い面と悪い面に関する最新の知見を概観する>

科学技術の中には、社会に取り入れられると私たちの生活を向上させる面と、取り扱い次第では脅威となる面の両方を持つものがあります。医療用麻酔や鎮痛薬として人々の役に立つ一方で、依存性があり薬物乱用で本人の健康と社会に深刻な悪影響を及ぼす可能性がある麻薬はその最たるものでしょう。

大麻や覚醒剤などの規制薬物やそれらとよく似た成分を持つ危険ドラッグ(※注)は、スマホ時代になって情報収集や受け渡しが容易になったなどの理由で、一般人への広がりが社会問題となっています。

※注:かつては法で規制されていないことから「脱法ドラッグ」「合法ドラッグ」と呼ばれていたが、2014年からは厚生労働省が公募を経て「危険ドラッグ」の名称を使うようになった。専門家の間では「新規向精神薬」の用語も使われる。

日本大アメリカンフットボール部の寮から覚醒剤と乾燥大麻が見つかった違法薬物事件では、8月の発覚以来、11月末には麻薬特例法違反容疑で3人目の逮捕者、12月1日には書類送検者も現れました。事態を重く見た大学当局は現在、アメフト部の廃部も含む審議を続けています。

大麻の成分で規制されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)に類似した合成化合物HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)を含むいわゆる「大麻グミ」は、11月4日に東京都立武蔵野公園(小金井市)で開かれた祭りに来場した成人男性が配り、これを食べた10~50代の男女5人が嘔吐などの体調不良を訴えて病院に搬送されたことをきっかけに問題化しました。

後の調査で、今年になってから北海道、東京、大阪、愛知などで、大麻グミを食べた人が、意識不明、動悸、嘔吐、手の痺れ、体の震えなどを訴えて病院に搬送されるケースが相次いで発生していたことが判明しました。

厚生労働省は先月22日、問題発覚から異例とも言える速さでHHCHを医薬品医療機器法(薬機法)に基づいて指定薬物に追加し、10日後の12月2日からHHCHの販売や所持・使用が禁止になりました。

さらに武見敬三厚生労働相は1日の閣議後記者会見で、薬機法の「包括指定」制度でHHCHと似た構造の物質をまとめて規制する方針を明らかにしました。早ければ24年1月にも類似物質を含む商品の所持や使用、流通が禁止される見込みです。

危険ドラッグは、なぜ包括的な指定で違法とする必要があるのでしょうか。麻薬成分を含む薬物の歴史と、良い面と悪い面に関する最新の知見を概観しましょう。

3つに大別される危険ドラッグ

規制薬物や、現在は規制されていないものの危険ドラッグとみなされているものは、摂取したときの効果から①興奮(アッパー)系、②抑制(ダウナー)系、③幻覚系に大別されます。代表例は、①は覚醒剤やコカイン、②は大麻やアヘン、ヘロイン、③はマジックマッシュルームやLSDなどです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story