最新記事

暴行警官

「フェンタニル」と聞いて逃げ出す警官の動画500万回再生

Video of Police Fleeing After Hearing the Word 'Fentanyl' Viewed 5M Times

2023年1月31日(火)20時35分
アレックス・フィリップス

警官の暴行に抗議するデモ(1月29日、カリフォルニア州オークランド) Laure Andrillon-REUTERS

<再び繰り返された警官による黒人の暴行死。全米が怒りのデモに揺れるなか、「フェンタニル」と聞いて逃げ出す警官たちの動画がツイッターで大ウケ>

ロサンゼルス市警の警察官たちが、「俺は(致死性の)フェンタニルを持っている」という声を聞いたとたんに逃げ出す様子を収めた動画が、ネット上で拡散している。ソーシャルメディアユーザーからは、警察官たちの逃走をあざける声があがっている。

背景には、テネシー州メンフィスで1月7日、通常の交通違反の取り締まりの際に、黒人のタイリー・ニコルズが警察官から殴打され、その後死亡した事件がある。警官の暴力を撮影したボディカメラの動画が公表され、全米で抗議行動が激化していた。

問題のフェンタニール動画は、ウィリアム・グードという人物が運営する警察監視アカウント「@FilmThePoliceLA」によって投稿されたもの。1月30日午前9時25分の時点で、視聴回数は580万回に達している。ロサンゼルス在住の撮影者が、路上にいる警察官たちに向かって、「フェンタニル。俺はフェンタニルを持っている」と言うのが聞こえる。すると警官の1人が「戻れ、急いで戻れ」と指示。さらに「走れ。走れ」と走り出す。

グードは、キャプションでこう書いている。「俺が『フェンタニル』と小声で言ったら、警官たちは逃げた。今もまだ逃げている」と

ジョージ・フロイドの遺体からも

フェンタニルは2ミリで致死量に達するという中毒性の麻酔薬。最近では、お菓子のように見える七色の錠剤が若者をターゲットに売られ、中毒死が急増している。

フェンタニルで警官を追っ払ったというツイートに反応する形で、ネットユーザーたちは、さまざまなGIF画像を投稿した。色のついた粉をかけ合うヒンズー教のホーリー祭、化粧用のフェイスパウダー、さらには、悪霊を追い払うために呪文を唱えるハリー・ポッター、という具合だ。

事件から3日後の1月10日にニコルズが死亡したことを受けて、警察への抗議行動が激化した。2020年5月25日にジョージ・フロイドがミネアポリス市警察の警官に膝で首を押さえられて死亡してから2年半以上が経つ。フロイド殺害の罪で有罪判決を受けた警察官デレク・ショービンの裁判では、フロイドの体内にフェンタニルが存在していたことが血液検査により明らかになったが、致死量に達しているとの判断はできなかったという。

警察の声明によるとニコルズは、危険運転の疑いで停められた。メンフィス市警は、ニコルズと警察官とのあいだに「衝突」があり、ニコルズは徒歩で逃げようとしたとしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日本郵政、発行済み株式の5.38%の自社株を消却

ビジネス

中国グリーンローン残高22兆元超、融資総額の約1割

ワールド

ベトナムGDP、第1四半期は前年比3.3%増 外需

ビジネス

UBS、エルモッティ氏がCEO復帰へ クレディ・ス

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:小泉悠×河東哲夫 ウクライナ戦争 超分析

2023年4月 4日号(3/28発売)

戦争の「天王山」/ウクライナ戦車旅団/プーチンの正体......。日本有数のロシア通である2人の特別対談・前編

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 2

    金融のドミノ倒し、次はドイツ銀行か

  • 3

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

  • 4

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライ…

  • 5

    真剣な顔でプーチンの演説を聞くロシア議員、その耳…

  • 6

    重戦車が不足するロシア、ウクライナ東部バフムトへ…

  • 7

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 8

    遅ればせながら岸田首相がウクライナ訪問、実は絶妙…

  • 9

    日本よ、留学生を「優遇」する国であり続けて

  • 10

    「グラビア撮るなら娘を返せ」 シングルマザー教授、セ…

  • 1

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

  • 2

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 3

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

  • 4

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 5

    金融のドミノ倒し、次はドイツ銀行か

  • 6

    「次は馬で出撃か?」 戦車不足のロシア、1940年代の…

  • 7

    インバウンド再開で日本経済に期待大。だが訪日中国…

  • 8

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 9

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの…

  • 10

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中には...

  • 4

    訪日韓国人急増、「いくら安くても日本に行かない」…

  • 5

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 6

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 7

    年金は何歳から受給するのが正解? 早死にしたら損だ…

  • 8

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 9

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう…

  • 10

    ウクライナ軍兵士の凄技!自爆型ドローンがロシア戦…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story