コラム

「世界最古」の山火事と「過去最悪」の最新事情、山火事発生の原因に見る日本の特殊性

2022年06月28日(火)11時30分
トルコの山火事

トルコは昨夏、過去20年間の火災被害の総面積を上回る規模の山火事に見舞われた(2021年7月29日、トルコ南部マナウガト) Kaan Soyturk-REUTERS

<4億3000万年前の山火事の痕跡から何が分かるのか。なぜ世界各地で毎年のように大規模火災が発生するのか。日本の山火事の傾向とは>

米コルビー大の研究チームは、4億3000万年前の世界最古の山火事の痕跡がイギリス南西部にある2カ所の炭鉱から検出されたと発表しました。当時は古生代シルル紀(約4億4370万年前から約4億1600万年前)で、生物が海から陸上へと進出し始めた時期です。

シルル紀には最古の陸生植物が出現しました。けれど、繁殖地域は水場に限定され、大陸内部の乾燥した地域には植物は群生していなかったと考えられています。

山火事の痕跡には、当時の地球環境を推測するヒントが残されていました。

この時代は樹木のような大型植物はまだ生息しておらず、「プロトタキシーテス」と呼ばれる直径約1メートル、高さ約9メートルまで成長する菌類が陸地最大の生物でした。今回の調査では、4億3000万年前の「焦げたプロトタキシーテス」が炭鉱から見つかりました。

人類の祖先である猿人が誕生したのは約600万~500万年前、火を起こす方法を知ったのは原人で約50万~40万年前と考えられているので、自然発火の山火事であることは間違いありません。山火事が存在するためには、発火源(今回は落雷と想定)、燃料(プロトタキシーテス)、燃焼するための十分な酸素が必要です。

火が伝播して木炭の堆積物を残せたことから、当時の地球大気中には酸素が少なくとも16%は含まれていたと研究者は考えています。現代の大気中の酸素レベルは21%ほどです。山火事が起きた4億3000万年前の酸素レベルは現在を超えていた可能性もあり、生命の進化について新たな示唆が得られるかもしれません。

世界各地で「過去最悪」を記録

近年は大規模な山火事が、アメリカ、トルコ、アルジェリア、ブラジルなどの世界各地で発生しています。

米カリフォルニア州では、2020年、21年と山火事による山林の焼失面積を更新しました。21年の焼失面積は100万ヘクタール(およそ青森県の面積)で、4240万ヘクタールの州面積の2%を超えています。

カリフォルニア州に隣接するオレゴン州の森林局がまとめたデータからは、2000年代以降の山火事の増加傾向が明確に見られます。1992年から01年までの10年間の平均焼失面積は約8万ヘクタールでしたが、11年までの10年間の平均は約12万7000ヘクタール、21年までの10年間の平均は約29万ヘクタールになりました。

21年7月にトルコで2週間ほど続いた山火事は、81県のうち51県で合計250件以上発生し、特に被害が深刻だった南西部では、約13万5000ヘクタールが焼失しました。同国の史上最悪の規模で、過去20年間に起きた火災の総面積を上回るともいわれています。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中