コラム

知床海難事故で注目の「飽和潜水」とは? 救助・捜索に不可欠な潜水法の仕組みと歴史

2022年05月24日(火)12時30分
潜水士

深海の作業では、高圧と低い水温に耐えなければならない(写真はイメージです) digidreamgrafix-iStock

<海底に沈んだ観光船「KAZU I(カズワン)」の船内捜索で注目を集める「飽和潜水」──なぜ水深100メートル以深でも安全に潜水できるのか? 最大700メートルまで潜水可能で、さらに安全と考えられる「次世代型大気圧潜水服」とは?>

北海道・知床半島沖で26名が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が4月23日に沈没した事故は、1カ月経過した5月23日現在、知床岬先端などで14名が見つかり、全員の死亡が確認されています。

19日午後からは、水深約120メートルの海底に沈んだカズワンの船内に潜水士が入る「飽和潜水」による捜索も実施されました。潜水の仕組みや歴史を概観しましょう。

スクーバダイビングの潜水限界は水深約50~60メートル

潜水の歴史は、人類の登場以来と言っても過言ではないでしょう。古代メソポタミアの遺跡から真珠貝の象嵌(ぞうがん)細工が見つかっていることから、紀元前4500年には息をこらえて潜る「素潜り漁」が行われていたと考えられています。

空気の補給を伴う潜水の古い記録は、アッシリアの兵士が羊の皮袋に入った空気を吸いながら水中で敵を攻めている絵画で、紀元前820年頃のものと考えられています。水上から空気を送って潜るヘルメット式潜水器は、1820年にイギリスのゴーマン・シーベが発明しました。空気タンクを身につけるスクーバダイビングは、1943年に圧縮されたタンク内の空気を潜水者が呼吸できるレベルに減圧させる器材「レギュレーター」が開発されて生まれました。

日本では、「魏志倭人伝」(285年)に海女によるサンゴや魚介類の素潜り漁が描写されています。その後、江戸時代末期まで素潜りの時代が続き、明治5年(1872年)に海軍工作局でヘルメット式潜水器の製造が開始しました。スクーバダイビングは、第二次世界大戦後の1945年頃に日本を含めた世界中に広まります。

スクーバダイビングの潜水限界は、訓練を積んでも水深約50~60メートルです。水深約30メートルで「窒素酔い(窒素中毒)」、約57メートルで「酸素中毒」、さらに潜水深度が深ければ深いほど浮上時に「減圧症」のリスクが高まることなどが理由です。

窒素酔いは3~4気圧以上の窒素を摂取した時に起こります。水深約30メートルで、空気ボンベの窒素分圧は約4気圧になります。アルコール中毒や麻薬摂取に似た「多幸感」が特徴で、精神が高揚して楽観的あるいは自信過剰になり、行動に慎重さが失われる危険があります。症状がよほど重くならない限りは直ちに命に危険を及ぼすものではありませんが、判断力の低下などが潜水事故につながります。

酸素中毒は、一般的には酸素分圧が1.4気圧を超えると生じると言われ、これは水深約57メートルで空気を吸い込んだ時と同等の圧です。症状は、めまい、痙攣、嘔吐、視野狭窄などと深刻です。潜水中の酸素中毒では、約10%の患者が全身痙攣または失神を起こして溺れてしまうと言われています。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ、「ドローン連合」拡大目指す 戦術変化に

ワールド

パキスタン2大政党が連立樹立で合意、首相候補はシャ

ビジネス

中国証取、クオンツ運用ファンドの売買制限 株売り巡

ビジネス

英企業の楽観強まる、大方は人員維持・増見込む=BC
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story