Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.2.28号(2/21発売)

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017年2月28日号(2/21発売)

Cover Story

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

北朝鮮 異国の地で暗殺された「没落貴族」金正男
中朝関係 独裁者を放置した中国の罪
核問題 米朝対決の勝利なきシナリオ
ミサイル 着実に進化する金正恩の核攻撃力
■チャート 北朝鮮のミサイルは射程を伸ばし続ける
マレーシア 対北コネクション、その功罪と今後
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 迷走人事とホワイトハウスの権力者
CHINA 中国で成立した「トランプ」商標登録
NETHERLANDS 支持率トップでも極右政権はなし?
SOUTH KOREA タイムリミットに焦る韓国特別検察官
FRANCE 黒人暴行の仏警察に移民の怒りが爆発
BY THE NUMBERS 中国の軍事費は既に日韓の2倍
NATO 混乱を残したマティスの「最終通告」
ISRAEL 発言撤回だらけの大使候補
UNITED STATES LGBT擁護派を留任させたトランプの謎
PALESTINE それでも2国家共存しかあり得ない
CANADA アメリカを捨てカナダへ逃れる難民たち
Business
雇用創出を約束した孫の最初の「買い物」は?
Offbeat
ロシアも「偽ニュース」を非難
難民と住民を分断するミュンヘンの壁
People
アデルの受賞が呼んだ波紋
【FEATURES & ANALYSIS】
米政権 ロシアにつまずいたチーム・トランプ
米ロ関係 プーチン政権に漂うトランプ疲れ
ヨーロッパ EUエネルギーは結局ロシア頼み?
社会 「愛国」離れする中国のネット世代
米政治 トランプに立ち向かう夢のカリフォルニア
スペイン バルセロナの露天商が立ち上がる
スポーツ 小柄バスケ選手の時代が来た!
技術 どんな車にもなる魔法のマシン
【LIFE/STYLE】
Television トランプ時代に『24』が帰ってきた
Movies 王道バディムービー『ナイスガイズ!』
Health スパイシーな料理で死亡リスクも低下
Health 銃を撃った人の脳で起こっていること
Travel モルディブで贅沢な「無人島」体験
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire  アパ抗議デモという「祭り」
Picture Power ヤジディの悲劇はなぜ起きたのか

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 10

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 9

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 10

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!