Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.9.19号(9/12発売)

特集:グローバルサウス入門

2023年9月19日/2023年9月26日号(9/12発売)

Cover Story

経済成長と人口増を背景に力を増す新勢力の正体を国際政治学者イアン・ブレマーが読む

分析 グローバルサウスその正体を知る
地政学 「Gゼロ」提唱者が読むGLOBAL SOUTHの時代
インド 巨象国家のヒンドゥーな実像
ブラジル 南米「非同盟大国」の本意は
トルコ 大国にもなびかない独自外交の旧帝国
南アフリカ 新たな夜明け戦略の遠い夜明け
インドネシア グローバルノースの従属から脱したい旧植民地
中国 新リーダーとの戦いが始まる
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【Periscope】
THAILAND 親軍派と組んだ新首相の前途多難
NORTH KOREA 金正恩とプーチン、軍事取引のインパクト
RUSSIA ロシア軍がキューバで傭兵を募集中
PHILIPPINES フィリピンの離島に米軍が港を造る意味
【Commentary】
韓国 処理水に韓国が「沈黙」する理由 ── 木村幹
分析 中国経済よ「2つのD」に立ち向かえ ── 魏尚進
視点 プリゴジンは死に、不平等が残った ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 全てを停止させる男、マコネル ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 そごう西武ストの実は大きな意味 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 早期リタイアをうまく説明したい
森達也の私的邦画論 『月』は作られるべき映画だった ── 森達也
【World Affairs】
性加害 墜ちた帝国の進むべき道
エネルギー グリーンになり切れない中国の2つの顔
米中関係 「パンダ大使」に長いお別れ
ロシア 新しい歴史教科書は改ざんが満載
【Life/Style】
Technology 失われた言葉がAIで蘇る日
Art 階級社会イギリスに贈る風刺のパンチ
Music カニエはそれでも「キャンセル」されない
Actor ギリシャの全てを映画1本に詰め込んで
My Turn AIの「恋人」のおかげで救われた
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 水と山を植樹で育むインカの末裔
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 日本にはもっとストが必要だ ── 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中