Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2024.6. 4号(5/28発売)

特集:イラン大統領墜落死の衝撃

2024年6月 4日号(5/28発売)

Cover Story

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

中東 イラン大統領墜落死と新たな戦争の影
予測 次期最高指導者を失って
視点 ライシ政治が残した「遺産」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

台北に再び起きた怒りのデモ

台湾 立法院改革法案に反対の声、新総統の頼清徳は多難なスタート

バロン・トランプと妄想のファン

米政治 沈黙を守る末息子に右派も女性も倒錯した「バロン熱」が止まらない
【Periscope】
CHINA 軍事演習の裏で進む中国のハイブリッド戦
EGYPT エジプトがガザ停戦案をひそかに改変
CHINA 中国が「革命的」ドローン空母建造か
NORTH KOREA 金正恩の肖像画が示す個人崇拝の強化
【Commentary】
欧州 生活大国デンマークに日本人の片思い ── 河東哲夫
経済 対中投資制限はアメリカの自縄自縛 ── 徐奇渊
主張 中国包囲網「クアッド」に綻びあり ── ブラマ・チェラニ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「借金踏み倒し=愛国活動」の倒錯 ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 国立大学費「値上げ」論の勘違い ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える まだ16歳の息子が父親になります
【World Affairs】
英政治 「背水の陣」スナクの総選挙ギャンブル
ニューカレドニア 楽園の暴動とニッケル市場
【Features】
米犯罪 密入国ビジネスに10代が手を染める
労働 もう働くのは週に4日だけでいいよね!
インド レイプ文化の暗すぎる闇
【Life/Style】
Well-Being カナダ首相夫人が自伝につづったこと
Television 人気クイズ番組のレガシーを受け継いで
Movies ポリコレ派vs.保守『白雪姫』バトルが勃発
Obituary 人生の選択を描いた巨匠マンロー
LGBT 「同性婚は結婚を破壊する」は嘘だった
Royals 英国人のメーガン妃嫌いが浮き彫り
My Turn 息子をどんなに愛しても自閉症は愛せない
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 霊峰・富士が映し出すニッポンの姿
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 学校は「AI禁止令」を出すべき? ── トニー・ラズロ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中