コラム

女子高生AI「りんな」が世界を変えると思う理由

2016年08月25日(木)15時44分

<アップルのsiri、グーグルのGoogleアシスタントなど言語処理系人工知能をめぐる5大企業による覇権争いが最終段階を迎えている。だが本当に勝つのは、今は競争に参加していない「りんな」かもしれない>

 LINE上で友達になれる女子高生AI「りんな」。ちょっとふざけた、ちょっとかわいい、たまにチンプンカンプンな会話をするチャットボット「りんな」が、実は世界を変えるイノベーションである。僕がそう主張したら、果たして何人がうなづいてくれるだろうか。

 そんな主張をすれば、ここで読むのを止めてしまう人もいるかもしれないので、追加情報を1つ。MicrosoftのBill Gates氏も、りんなのような雑談型チャットボットの今後には大きな期待を寄せているのだという。

 Gates氏ほどのビジョナリーがなぜ、チンプンカンプンな受け答えをするチャットボットに期待を寄せているのだろうか。雑談型チャットボットの可能性について述べてみたい。

自動走行車、碁、チャットボット

 まずはなぜチャットボットが有望なのかを話したい。

 それは、会話というものが人間にとって最も慣れ親しんだ情報伝達手段だからだ。

 難解なコマンドを覚えたり、キーボードの打ち方を学んだりしないといけないのは、コンピューターがまだあまり賢くないから。人間のほうがコンピューターに歩み寄らなければならなかったわけだ。

 それがようやく人間と簡単な対話ができるほど、コンピューターが賢くなってきている。ディープラーニングと呼ばれる人工知能の技術を使って、コンピューターによる自然言語処理の能力が格段に向上し始めたわけだ。

【参考記事】人工知能が加速させるボイス革命

 自然言語処理に関する領域は「チャットボット」や、「バーチャルエージェント」、「対話エンジン」などというキーワードで呼ばれることが多いが、大事なのは人間の言葉を理解し、それに受け答えできること。

 人工知能というと、自動運転に使われる画像認識技術、チェスや碁に勝ったような探索技術などが脚光を浴びているが、自然言語処理技術もこれから大きく前進するとして期待される領域だ。

 この自然言語処理系の人工知能をいち早く向上させ、広く普及させることができれば、コンピューターの操作方法が劇的に変化し、コンピューターを利用するあらゆる業界(ほとんどすべての業界になるけど)に大きな影響力を持てるようになる。そう考えたテック企業は軒並みこの領域に大量のリソースをつぎ込んで開発競争に乗り出しているわけだ。

 AppleはiPhoneのバーチャルエージェントsiriで、GoogleはGoogleアシスタントで、覇権争いに参加しているし、Amazonは卓上型エージェントのAmazon Echoでスマートホームと呼ばれる家電製品のハブ的存在になりつつある。そうはさせじとGoogleがEchoに対抗する製品を年内に発売する予定。Facebookもディープラーニングによるユーザー投稿の解析を始めた。完全に血で血を洗うレッドオーシャン状態だ。米Forbes誌は、Apple、Google、Microsoft、Facebook、Amazonの5大テック企業による「最終決戦」だと評している。

【参考記事】フェイスブックのAIエンジンで16億人が丸裸に

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

FRBのリバースレポ取引額、7558億ドルと最高 

ワールド

原油先物は約2%安、FRBタカ派化受けたドル高が重

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中