コラム

あまりに愚か...岸田首相の長男「情報漏洩」疑惑、トランプ時代の米国でもあり得なかった訳

2023年03月11日(土)20時37分
岸田文雄首相

岸田文雄首相(3月10日) Kim Kyung-Hoon-Reuters

<岸田首相の長男・翔太郎氏は国家の重要情報をメディアに漏らしていた疑惑を持たれているが、そもそもの問題はそれを可能にする制度だ>

最近、日本では世襲や二世議員が話題になっていた。

というのも、2月3日に自民党の岸信夫総理大臣補佐官が、体調不良を理由に衆議院に議員辞職願を提出し、その前には、「このあたりで信千世に譲りたい」と長男に山口県の地盤を譲る「世襲」をすると報じられていたからだ。

■トランプ元大統領でも受け入れていた...岸田首相が見習うべき、国のために働くなら当たり前のこと

しかも跡を継ぐ岸信千代氏が、公式サイトに家系図を掲載したことを叩かれたり、ホームページで余計な情報を入力させられるなどの批判が相次いだ。そんな批判も、彼が世襲だからに他ならない。

そんな話題の前には、2022年10月に首相秘書官(政務担当)になった岸田文雄首相の長男の岸田翔太郎氏が批判を浴びていた。首相の息子で、おそらく岸田首相の後継者になる可能性が高いということを考えると注目されるのは仕方がない。

ファッションデザイナーのドン小西にファッションチェックされて「若い2代目社長とか代理店や外資系金融の社員が、よく着るスーツだよね」と指摘されたり、首相の海外訪問時に公用車を使って個人的に観光したとの疑惑が取り沙汰されたりと話題になった。

特に看過できないのが「情報漏洩疑惑」の問題

ただそんな中でも看過できないのが、「情報漏洩疑惑」の問題だ。閣僚の辞任情報や、外国首脳との会談についての情報が、メディアに漏洩していた可能性があると指摘され、その情報をメディアに漏らしていたのが、岸田翔太郎氏だったというのである。これが事実であれば、情報管理や危機管理の甘さが糾弾されても仕方がないと言える。

そもそもの問題は首相に関する重要な機密である情報を、最近外部から入ってきたばかりの秘書官である長男に触れさせていることだろう。防衛関係の機密情報も長男の耳に入っているようであれば情報管理が心配される。

この話で思い出すのが、アメリカのドナルド・トランプ前政権のアメリカの情報管理についてである。前大統領自身は2022年8月にFBI(連邦捜査局)から家宅捜索を受けて、個人的に自宅に機密書類を隠し持っていたことが判明して大騒動になっている。もっともこれは機密情報に自在にアクセスできる最高権力者である大統領だったからできたことだ。

だがそんなトランプでも、2017年1月の大統領就任後に大統領上級顧問に登用した娘婿のジャレッド・クシュナーについては機密情報にアクセスさせることができなかった。なぜならトランプ政権で、国土安全保障長官から大統領首席補佐官を務めていたジョン・ケリーなどが、素人であるクシュナーに機密情報に触れさせる「セキュリティクリアランス」を与える許可を出さなかったからだ。

トランプは何度もクリアランスを与えるよう要請したが、結局、クシュナーにクリアランスが与えられるまで2年ほどを要している。しかも、クリアランスを与えるかどうかの調査などもきっちりと行われている。

日本にはこうしたセキュリティクリアランス制度もないために、首相の周辺で秘書の個人的判断で情報が漏れている。これもまた「世襲」の悪影響かもしれない。政治家には是非とも地盤維持や選挙対策ではなく、日本国民の安全と繁栄を第一にする政治をしていただきたい。

情報漏洩とセキュリティクリアランスについてのさらに詳しい解説は「スパイチャンネル~山田敏弘」の「怒!二世議員問題 息子から情報ダダ漏れとはどういう事だ!」をぜひご覧いただきたい。

プロフィール

山田敏弘

国際情勢アナリスト、国際ジャーナリスト、日本大学客員研究員。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版、MIT(マサチューセッツ工科大学)フルブライトフェローを経てフリーに。クーリエ・ジャポンITメディア・ビジネスオンライン、ニューズウィーク日本版、Forbes JAPANなどのサイトでコラム連載中。著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』、『CIAスパイ養成官』、『サイバー戦争の今』、『世界のスパイから喰いモノにされる日本』、『死体格差 異状死17万人の衝撃』。最新刊は『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』。
twitter.com/yamadajour
YouTube「スパイチャンネル」
筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story