World Voice

powerd_by_nw

ベトナムと日本人

ヨシヒロミウラ|ベトナム

日本も見習うべき?コロナ封込み成功国ベトナムの第4波対策!

GWが終わり、今日から仕事が始まるベトナム。今の季節は初夏で今日もとても暑い。自宅近くで撮影。 (筆者撮影)

2021年4月27日にベトナム北部のハナムで、日本から帰国したベトナム人からの新型コロナの感染拡大が確認され、ベトナム各地で新型コロナ第4波封込み対策が始まっていますが、5月4日からハノイ市でも新型コロナ第4波封込み対策の実施が始まりました。

個人的にはニュースを聞いた時、またか。。。というがっかりした気持ちとまた頑張るか!という2つの気持ちが湧いてきました。

日本と違い、いままで国内感染を4回封じ込めてきたベトナム。

今回も封込みに成功すると予想しています。

そして、今まで封じ込みに成功してきたので、ベトナムでは外国人である私にも封じ込みに対する自信が生まれています。なので、ベトナム人にはもっと自信が生まれているはずです。

だが、インド由来の新型コロナ変異種は感染力がさらに強く致死率が高いと言われているので、さすがにベトナムの人々も今まで以上に新型コロナの封込みに真剣です。 

5月3日の夜6時頃にはすでに私のところにもハノイの学校がオンライン授業になる事やハノイの路上飲食店・カフェなどが営業一時中止になることが友人達からZalo(ベトナム人が良く使うメッセンジャーアプリ)で流れてきました。

私の場合、今回の対策に沿ってしなければいけなかった事は、授業のオンラインへの変更や、オンラインで不可能なレッスンは中止したりとスケジュール変更・調整する事です。

しかし、不幸中の幸いは、5月からベトナムの学校は夏休みに入るので、学校の閉鎖やオンライン授業で悩む必要が無いことです。

ベトナムでもオンライン授業を実施していますが、家庭によってはオンライン授業をする環境が整っておらず、クラスで足並みをそろえて授業を進めるのが難しい状況です。

なので、学校やクラスによっては快適なオンライン授業が出来るのですが、オンライン授業になると欠席が多くなる学校やクラスも多く、問題となっています。

ベトナムの第4波対策

IMG_20210504_115914_816 (1).jpg
ベトナムの日常。 自宅近くで。(筆者撮影)

本題に戻って、5月3日の夜に在ベトナム日本国大使館からハノイとダナンの新型コロナ感染予防対策のメールが届いたので、内容を紹介します。

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(ハノイ市及びダナン市の対応)

●ハノイ市は、(1)5月3日17時から、遺跡、宗教施設及び路上営業の飲食店の一時休止、(2)屋内の飲食店における顧客間の最低1メートルの間隔確保又は各座席に衝立の設置、(3)明4日から、ハノイ市内の学校(幼稚園から高校等。)におけるオンライン授業、を要請しています。また、引き続き、連休中及びその後に国内旅行をしてハノイに戻った人は医療申告を確実に実施するよう求めています(詳細は以下1参照)。
●ダナン市は、5月4日0時から、(1)文化、スポーツ、音楽、宗教関係の行事の中止、(2)バー、カラオケ、マッサージ、映画館、歩行者天国、ナイトマーケットなど不要不急の活動の停止、(3)30人超の飲食を伴う集まりの停止、(4)すべての教育機関は一時休校(オンライン学習を推奨)、(5)レストラン等はテイクアウト又はデリバリーを推奨、を要請しています(詳細は以下2参照)。
●また、出国後に新型コロナ陽性が確認された中国人専門家に関連して、ダナン市及び保健省は、特定の場所に滞在・訪問した人、特定のフライトを利用した人に対し、直ちに保健当局に連絡することを要請していますのでご注意ください(詳細は以下3参照)。
●邦人の皆様におかれましては、引き続き感染防止対策に努め、ベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい

1 ハノイ市の対応
ハノイ市は、本3日、公電第6号を発出し、(1)5月3日17:00以降、次の新たな指示がでるまでの間、遺跡や宗教施設、路上で営業する飲食店・茶店・カフェは一時休止すること、(2)屋内の飲食店については、消毒、顧客間の最低1メートルの間隔確保又は各座席に衝立の設置、共有物品の不使用、テイクアウトの推奨を求め、保健省の指導に基づく感染症対策を十分に守れない場合には営業の一時休止を求める、としています。
 また、明4日から次の新たな連絡があるまで、ハノイ市内の学校(幼稚園から高校、外国語教育機関や職業訓練施設等。)について、登校せずにオンライン授業に切り替えるようにとの指示を出しました。

2 ダナン市の対応
ダナン市は、本3日、通達(2584 / UBND-KGVX)を発出し、5月4日0時から次の通知があるまで、以下の活動を一時停止及び制限することとしました
・文化、スポーツ、音楽、宗教関係のお祭り及びイベント。
・娯楽施設、美容施設、バー、パブ、ディスコ、カラオケ、マッサージ、ビデオゲーム、映画館、カジノ、公共インターネットサービス、歩行者天国、ナイトマーケットなど不要不急の活動。
・ジム、ヨガ、ビリヤード、屋内スポーツ活動、直接接触する武道、水泳。
・30人を超える飲食を伴う集まり。
・すべての教育機関は休校(オンライン学習を推奨)。
・公共交通機関(タクシー、Grabを含む。)については感染予防対策を遵守し、規定の乗客の半分で運行する。
・レストラン等については、感染防止対策に努め、テイクアウト又はデリバリーでのサービス提供を推奨。

3 中国人専門家の関連
出国後に新型コロナ陽性が確認された中国人専門家に関連して、ダナン市は、以下(1)に該当する人は、最寄りの保健所に連絡するよう要請していますので、ご注意ください。また、保健省は、以下(2)のフライトを利用した人は、以下(3)のとおり対応するよう要請していますので、ご注意ください。

(1)【】の日付に以下の場所を訪問した人
・For you sea レストラン(My KheビーチVo Nguyen Giap(ヴォーグェンジャプ)通り1、2、3番ブロック)【4月27日18:30】
・Novotelホテル36階(Bach Dang (バックダン)通り36番)【4月27日21:30】
・ムォンタインホテル(Vo Nguyen Giap (ヴォーグェンジャプ)通り270番)【4月27日から29日】
・ビェンロンレストラン(Vo Nguyen Giap (ヴォーグェンジャプ)通り18番ブロック)【4月28日12:30】
・中華レストラン(Le Quang Dao (レクァンダオ通り)82番)【4月28日夜】

(2)フライト
・4月27日14:20ハノイ発、15:46ダナン着 VN7161便
・4月29日10:46ダナン発、12:10ハノイ着 VN160便

(3)上記(2)に該当する人が行うこと
・直ちに最寄りの保健当局(保健センター等)に連絡し、アドバイスを受ける。
・保健省(1900.9095)又はホットライン(ダナン市疾病管理センター0905.108.844、ヴィンフック省疾病管理センター0966.409.364 、ハノイ市疾病管理センター:0969.082.115/0949.396.115)に電話し、自分(上記(2)に該当する人)と濃厚接触した人の電話番号を提供する。
https://tokhaiyte.vnでオンライン医療申告を行い、定期的に健康状態を報告する。

(連絡先)
在ベトナム日本国大使館 電話番号:+84-24-3846-3000

◇このメールは、在ベトナム日本国大使館からのお知らせです。当館に在留届を提出いただいた方(メールアドレスを記入いただいた方)及び(又は)「たびレジ」に登録いただいた方に自動的に配信されます。本件メールに返信していただく必要はありません。

2021年5月3日 在ベトナム日本国大使館のemailから引用

今回のハノイとダナンの新型コロナ抑込み対策は上記のようになっています。

すべてでは無いですが、このような対策は、日本でも行われていますよね。そう珍しい対策をしているわけではありません。

ハノイを取り上げてみると、

①遺跡、宗教施設及び路上営業の飲食店の一時休止
②屋内の飲食店における顧客間の最低1メートルの間隔確保又は各座席に衝立の設置
③明4日から、ハノイ市内の学校(幼稚園から高校等。)におけるオンライン授業の要請
④連休中及びその後に国内旅行をしてハノイに戻った人は医療申告を確実に実施

です。日本でしていないのは、国内旅行者の医療申告でしょうか? あとは学校休校・オンライン授業の徹底。

この対策に沿って行動しベトナムに住んでいる人々は新型コロナの封込みをしていくわけです。

どうして日本はコロナの封込みが出来ないのか?

では、どうしてベトナムは新型コロナの封込みができるのか?

どうして日本は出来ないのか?

考えてみると、

ベトナムの新型コロナ抑込みにかかった日数は、第1波は105日、第2波は40日、第2.1波は2日、第3波は60日でした。

日本の緊急事態宣言時の日数は1回目が49日間、2回目が73日間、3回目が17日間(予定)。

ベトナムは1回目の抑え込みに105日かかりましたが、この時に国内感染ゼロ(空港での入国時の感染発見は除く)にしました。

私見では、日本は1回目の緊急事態宣言を感染がゼロじゃないのにに49日間でやめてしまった所を、ベトナムは105日かけて完全に抑込んだ事がベトナムの感染者数の圧倒的な差が生まれた原因だと考えています。

なので、国内感染ゼロ(空港での入国時の感染発見は除く)にするには、それぐらいの日数はかかるのではないでしょうか?

1度国内感染をゼロにしてしまうと、その後第2波、第3波が来ても、べトナムは1ヵ月程度で封込んできました。

日本とベトナムは社会体制が違うから同じやり方は不可能だという識者の方々は多いですが、私は国内感染者ゼロを目指して、政府と国民が協力してやってみる価値はあると考えています。

100日程度の期間徹底して封じ込めば、その後のコロナの襲来はもっと短期間で封じ込めるという訳です。

世界的に衛生レベルが高い日本人がどうして新型コロナの封込みが出来ないのか? 

日本の外から見ていてとてもやきもきしてしまいます。

在外邦人で、私のように思う人は多いのではないでしょうか?

ベトナム入国時の隔離期間は14日間から21日間に延長

また、ベトナム保健省は5日午後に、いままでのベトナム入国者の隔離期間14日を21日間に延長を決定。

14日間の隔離終了後に新型コロナが発症する例や隔離終了後にさらに2週間自宅隔離をしなければいけないのに外出し感染を拡大させた例があるためとのこと。

政府の変異種への新たな対応と思われます。

ベトナム政府は市中感染が広がるたびに、その対応方法を素早く的確に変え、コロナの感染をゼロにしてきました。

日本もまずは一旦ゼロを目標にすることが大事では?と、ベトナムでコロナ対策を経験して思います。

■ベトナム新型コロナ第4波 関連記事:こちらも併せてお読みください。

ベトナム 新型コロナ第4波が攻撃 ハノイで感染者が急増
日本も見習うべき?コロナ封込み成功国ベトナムの第4波対策!
新型コロナ第4波と戦闘開始したベトナム

 

Profile

著者プロフィール
ヨシヒロミウラ

ベトナムジャーナリスト。北海道江別市出身。2017年に国際交流基金日本語パートナーズとしてハノイに派遣。ベトナムの人々と社会に強く惹かれ定住。現在進行形のベトナム事情を執筆。「ベトナムの日本人」と北海道江別市の情報サイト「江別市民ブロガーズ」も運営。自らベトナムと日本を繋ぐ活動も奮闘中。えべつ観光特使として北海道江別市の納豆をベトナムへ輸出コーディネイト成功。ベトナムと日本を北海道から繋げる。Twitter:@VietnamNihonjin

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ