World Voice

powerd_by_nw

ドイツの街角から

シュピッツナーゲル典子|ドイツ

ドイツ・2020年の年収ランキング1位は医師 コロナ禍や地域により格差も

©Thorben Wengert / pixelio.de

まもなく4月。日本では入社式を楽しみにしている新社会人が多いかと思います。大学や高校を卒業して社会に出る新卒者にとって、4月1日は特別な日でしょう。

コロナ禍で人々の価値観が変容しましたが、労働に対する仕事の報酬は一つの物差しにもなります。初任給ならなおさらのこと、所得を得る期待感も高まるかと思います。

そこで今回はドイツの年収ラインキングを探ってみました。今さら言うまでもありませんが、2020年はコロナパンデミックで失職者や時短勤務者が増えたことから、例年とは様子が違います。それでも調べていくと職業別、州別、旧東西ドイツの違いなど、面白い背景が見えてきました。

年収中央値は560万円 医師は2551万円

「キャリアと報酬」の専門サイトGehalt.de の発表した2020年の年収アトラスは、税込み、労働時間週40時間、22万件のデータをもとにフルタイム勤務者の年収を算出した結果です。地域、業界別、教育、企業規模、ポジションなどを考慮して集計しています。ここでは年収の中央値(メディアン・データの中央の値)に着目しました。

まずはドイツの年収中央値は、43,189ユーロ(1ユーロ=130円で換算・約561万円)。管理職は95,097ユーロ(1236万円)。大学や専門学校卒業者57,040ユーロ(742万円)、高等学歴なしの場合37,800ユーロ(491万円)、新入社員は37,334ユーロ(485万円)。

数字だけをみた印象では高額だと思うかもしれません。ですが、ドイツでは所得税や医療保険等の諸税を引いた手取り額は、額面(総支給金額)の6割ほどが手取りとなります。(公務員や特例を除く)。

そして居住地や勤務先の規模により差があり、年収の額面だけを比較するのは難しい点もあります。大企業では59,000ユーロ(767万円)に対し、小企業は37,100ユーロ(482万円)と大きく差もあるようですが、所得が多いから生活が豊かだとは言い切れないようです。

ベルリンやミュンヘン、ハンブルクなど大都市では家賃の高騰や高い生活レベルで出費がかさみます。娯楽施設や余暇の過ごし方は、地方より多様で充実しているのはうれしいことですが、その分支出も増えていきます。地方では、一軒家やマンションも手ごろな価格で購入できる利便性があります。

またコロナウィルスワクチン開発で注目を集める医療薬品会社や研究所の専門家の年収は高所得に急浮上しました。年収中央値は67,524ユーロ(878万円)。その他、銀行61,651ユーロ(801万円)、薬品業界60,536ユーロ(787万円)も安定した年収を得られそうです。

コロナ感染抑止対策として導入されたロックダウン(都市封鎖)中も営業可能な食料品店やドラックストアは、好調でした。年収は高額ではありませんが、それでも定収入のある点は恵まれており、従業員の年収は31,200ユーロ(406万円)。

これに対し、ロックダウンにより店舗を長期に渡り閉鎖せねばならない小売業界は、31,911ユーロ(415万円)と芳しくありません。コロナ禍以前も、通販に押されて低迷していた小売業でしたが、さらなる痛手を負ったようです。

またレストランや接客業の29,000ユーロ(377万円)や観光・ホテル業界の34,621ユーロ((450万円)は、移動の規制により旅に出ることができなくなり、依然として大きなマイナスが続いています。

前書きが長くなりましたが、職業別年収ラインキングトップ5は次の通りです。

Profile

著者プロフィール
シュピッツナーゲル典子

ドイツ在住。国際ジャーナリスト協会会員。執筆テーマはビジネス、社会問題、医療、書籍業界、観光など。市場調査やコーディネートガイドとしても活動中。欧州住まいは人生の半分以上になった。夫の海外派遣で4年間家族と滞在したチェコ・プラハでは、コンサートとオベラに明け暮れた。長年ドイツ社会にどっぷり浸かっているためか、ドイツ人の視点で日本を観察しがち。一市民としての目線で見える日常をお伝えします。

Twitter: @spnoriko

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ